• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

和久井映見が北川悦吏子作品に初出演!「不思議なようでとてもありがたい」

(C)CBC

 昨年大好評だった「月に祈るピエロ」に続き、“恋愛ドラマの神様”北川悦吏子が出身地岐阜を舞台に大人のラブストーリーを描いた『スペシャルドラマ 月に行く舟』が10月4日(土)に放送されることが発表された。

 主人公・理生を演じるのは、ドラマや映画で活躍を続ける和久井映見。相手役は前作に続き谷原章介が演じる。

 和久井は「“恋愛ドラマの神様”と言われる北川悦吏子さんの主演を務めさせていただきましたが、20代、30代とご縁がなく、このままご縁がないままなのかなと思っていたのですが、ここへきてご縁をいただけたこと、何だか不思議なようでとてもありがたいです。谷原さんとは今まで何度かご一緒させていただいておりまして、今回も信頼を持ってご一緒させていただきながら、私自身自分の役割をきちんと果たさなければと思いつつ、谷原さんに助けていただいたことがたくさんありました」と北川作品に出演した喜びを語った。

 また、抽選で50組100名を招待して、9月26日(金)に東京都内で特別試写会が行われる予定。詳しくはCBC公式サイトで。

北川悦吏子脚本「スペシャルドラマ 月に行く舟」
行き交う列車に乗り込むこともなくただホームに佇む女。仕事を終え東京に戻るためにやってきた男。偶然に出会った2人は惹かれあい…。ただ女は目が見えない。二人がいかに触れ合い、距離を縮めていくのか…。恋愛のためのツールとして携帯電話やメールが欠かせない現代において、まさに生身の人間同士がどのように恋に落ちていくのか、交差する男女の思いが美しい岐阜の町並みを背景に映し出される。

CBC製作TBS系全国28局ネット
10月4日(土)後2・00~3・24放送
脚本:北川悦吏子 
出演:和久井映見、谷原章介、栗原小巻、橋爪功

月に行く舟公式ページ(http://hicbc.com/tv/tsukiniikufune/)
CBC公式サイト(http://hicbc.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える