• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『アメトーーク!』がオリジナルネットムービーを配信!

(C)テレビ朝日

 雨上がり決死隊がMCを務めるテレビ朝日系『アメトーーク!』のネットムービー“アメトーーク!ネットムーービーー!”が、9月18日(木)より配信スタートすることが決定。内容は番組スタッフによる撮りおろしで、毎週木曜日の本放送終了後にテレ朝動画、YouTubeアメトーーク!ネットムーービーー!チャンネルにて無料で配信。宮迫博之は「ネット配信なので時間に制約がございません。普段ならカットされる部分も全部お送りします」とコメントを寄せている。

 9月18日(木)からのネット配信には『アメトーーク!』本放送でも人気の“芸人体当たりシミュレーション”が登場。番組が用意した“体当たり競技”を若手芸人たちがシミュレーションし、その様子をVTRで検証するという企画で、今回は磁石・永沢たかし、ジューシーズ・児玉智洋、ハイキングウォーキング・鈴木Q太郎、インスタントジョンソン・ゆうぞう、鬼ヶ島・アイアム野田、あばれる君、ニューヨーク・屋敷裕政、トレンディエンジェル・斉藤司の8人が挑戦。彼らが“足つぼハードル”“ぐるぐるバット走り幅跳び”などで体を張る姿を、平成ノブシコブシ・徳井健太が解説する。もちろん、MCとして雨上がり決死隊も出演する。

 蛍原徹は「“芸人体当たりシミュレーション”はリアクション企画なので、世界中の人が楽しめると思います」とコメント。相方の宮迫は「もしかすると世界で急に大ブレークする芸人が出るかもしれません(笑)」と期待を膨らませた。

 演出・ゼネラルプロデューサーの加地倫三氏は「ネットの場合はテレビの放送と違って半永久的に残るので、毎週見なくても、たとえば半年、一年後見ても面白いと思ってもらうことができる。そういう意味でやる価値があるものかなと思います」と説明。さらに、今回の“芸人体当たりシミュレーション”については「若手芸人といっても、芸歴の長いベテランの方もいますが、彼らのチャンスと『アメトーーク!』の視聴者層を広げるという両方の意味でやります」と狙いを語った。

 また、9月25日(木)の『アメトーーク!』ゴールデン3時間スペシャルでも“芸人体当たりシミュレーション”を放送。こちらも要チェックだ。

“アメトーーク!ネットムーービーー!”の詳細は、番組公式サイト(http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk)へ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える