• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山下智久、超ツンデレ教師役に「気持ちよくなったけど、普段は優男です」

 映画「近キョリ恋愛」のスペシャル“胸キュン”イベントが9月24日(水)に行われ、主演の山下智久、小松菜奈、小瀧望(ジャニーズWEST)、山本美月が登場した。

 本作で英語教師役を演じる山下に対し、司会者が英語であいさつという無茶振りをすると、「会えてうれしいです。みんなが来てくれてすごくハッピー。この映画は漫画原作なので、みんなが好きでいてくれたらうれしい」と、山下は流暢な英語であいさつ。小瀧は「この映画のように、愛であふれた時間を過ごしたいと思います」とあいさつをするも「言った自分に引いてます(笑)」と苦笑し、観客を笑わせた。

 超ツンデレ教師を演じた山下は「最初はすごく恥ずかしいなと思ったセリフもあったんですけど、だんだんやっていくうちに気持ちよくなってきて…上からガンガン言うのも気持ちよくて楽しかったです」と感想を語り、「映画の中ではね、普段は優男ですから」と笑顔を見せた。

 山下との共演に小松は「テレビで見ていた人だったので、本当にいるんだって思いました」と話すと、小瀧からは「何ですかそのツチノコみたいな、伝説の生き物みたいな感じ!」とツッコミが。「すごく落ち着いていて、スタッフさんにも共演者の方に対してもすごくやさしい方なんだなと思いました」と小松が話すと、山下は「今度焼き肉おごるね」と笑顔で応え、「2作目とは思えないほどの存在感で現場をすごく和ませてくれました。これからすごい女優さんになると思う」と小松に期待を寄せた。

 その後、イベントでは観客と共に本作の胸キュンシーンを鑑賞。「キュンキュンして山Pのことがもっと好きになりました」と感想を語った女性に対し、山下が「うれしくなっちゃう」と劇中さながらの“頭ポンポン”をすると、会場は悲鳴にも似た歓声に包まれた。

 映画「近キョリ恋愛」は10月11日(土)全国ロードショー。

映画「近キョリ恋愛」
10月11日(土)全国ロードショー

出演:山下智久、小松菜奈
水川あさみ、小瀧望(ジャニーズWEST)、佐野和真、古畑星夏、山本美月、新井浩文
監督:熊澤尚人 脚本:まなべゆきこ
配給:東宝映像事業部

公式サイト(http://kinkyori-movie.jp/

(C)「近キョリ恋愛」製作委員会 (C)みきもと凛/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える