• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

10月から「ノンフィクションW」+「国際共同制作プロジェクト」でWOWOWオリジナルドキュメンタリーがさらに充実

 WOWOWの人気ドキュメンタリー番組「ノンフィクションW」が、10月からそのエンタメの世界と、世界各国のメディアやクリエイターと共同で番組を企画制作する「国際共同制作プロジェクト」との2つの番組を両軸にした「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」として生まれ変わる。放送時間も毎週土曜日午後1・00からWOWOWプライムに移動する。

 2009年の放送開始以来、大人の好奇心を刺激するノンフィクションエンターテインメントとして感動を与え続けている「ノンフィクションW」。今回、世界各国のメディアやクリエーターらと共同して番組を制作する「国際共同制作プロジェクト」でWOWOWの新たな試みがいよいよ始動。日本という枠だけに捉われないグローバルな視点と考え方、既存の「ノンフィクションW」の枠組みを超えた、より大きなテーマ、より大きな感動を創造していく。

 第1弾は、東京オリンピック50周年企画として送る、10月11日(土)放送の「記録映画『東京オリンピック』誕生の軌跡 ~市川崑と164人のキャメラマン~」。1965年公開後、空前の観客動員を記録した市川崑監督による記録映画『東京オリンピック』。貴重な資料と証言でその製作秘話に迫る。

 10月18日(土)は、「『ユーミン』の作り方~松任谷正隆の流儀~」。松任谷由実のプロデューサー松任谷正隆が手掛ける新作舞台制作とその裏側を密着取材することで、“ユーミン”の作り方の真髄を明らかにする。

 10月25日(土)は「前田敦子 最も危険な芸術“蜷川幸雄”への挑戦」。これは同日後7・30からWOWOWライブで放送される舞台「『太陽2068』綾野剛×成宮寛貴×前田敦子 作・前川知大 演出・蜷川幸雄」で初舞台を踏んだ前田敦子に密着。国民的アイドルグループで6年半中心メンバーとして活躍してきた前田が、“最も危険な芸術”と評される蜷川幸雄の下、女優になっていく様子に密着する。

 「国際共同制作プロジェクト」は12月に2本の放送が決定している。1本目は、WOWOW×HBO(米)×BBC(英)による「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス 50年の挑戦」。1963年の創刊からアメリカの代表的な雑誌の一つで、知的層はほとんどが愛読していると言われる文芸誌の歴史を、自身も創刊当初からの定期購読者であるマーティン・スコセッシがひもとく。ナレーターは渡辺謙。こちらは10月23日から開催される「東京国際映画祭」での上映も決定している。

 2本目は、WOWOW×ARTE(仏)×ZDF(独)による「キャメロン・カーペンター:サウンド・オブ・マイ・ライフ」。独自の奏法やファッションなど従来のオルガンの概念を大きく覆すパフォーマンスを披露し、世界中を驚かせた、アメリカ人オルガ二スト・キャメロン・カーペンター。クラッシック音楽の型を破り続ける彼の挑戦と彼に宿る光と闇に迫る。

 
オリジナルドキュメンタリーがパワーアップ!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える