• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松本利夫主演ドラマ「ビンタ!」にMAKIDAI、AKIRAが友情出演

 EXILEのMATSUこと松本利夫が連ドラに初主演する「ビンタ!」第3話(10月16日放送 日本テレビ系 後11・59)の撮影が神奈川のロケ地で行われ、EXILEのMAKIDAI、AKIRAが友情出演した。

 松本がこのドラマで演じるのは、法律の知識が全くない法律事務所の新人事務員・箕輪(ミノワ)文太。第3話では、金銭トラブルを抱えた女性が訪れ、相談を受けた夏美(山口紗弥加)とミノワだったが、後日、法律事務所に注文していないピザや蕎麦などが届くという嫌がらせを闇金から受けてしまう。このシーンでMAKIDAIが蕎麦屋、AKIRAがピザ屋として登場。短いシーンではあるものの、松本、MAKIDAI,AKIRAという役者の仕事が多い面々がTVドラマで共演するのはEXILEで史上初となる。

 今回の豪華共演が実現したのは、松本の頭に思い浮かんだアイデアがきっかけ。松本は「ピザ屋と蕎麦屋として1シーンにEXILEメンバーが入ったら面白くないですか?ってアイデアを出しました。そのシーンを想像したらMAKIDAI、AKIRAが面白いなと思って(笑)。それで2人に相談させてもらいました」と経緯を説明。

 MAKIDAIは「まっちゃんが連ドラ初主演という事で、お話を頂いた時に『まっちゃんに協力させてもらえるならぜひ!』と…。迷いはありませんでした!」と快く承諾したことを明かした。

 AKIRAも「どんな作品、どんな役でも演じていました。それくらい、MATSUさんから頂いたお話ってこと自体、僕の中ではうれしいことでした。」とメンバーに対する熱い思いを語った。

 松本の連ドラ初主演の作品とあって、全力で今回の共演シーンに挑んだ友情出演の2人。AKIRAは「昨日もワクワクして、ピザ屋の役なので、役作りのために本当にピザを注文してアルバイトの人を観察しようかなと思ったんですけど、12時まわって終わっていたので諦めました(笑)」と冗談めかしながらも撮影を心待ちにしていたことを明かした。

 一方、MAKIDAIは「出させていただくところは絶対に良い感じになるように集中してやりました。3人で一緒にやらせていただく機会はなかなかないので本当に楽しかったです」と笑顔で感想を語った。

 ドラマの撮影はEXILE TRIBEのツアーと同時進行のため、主演の松本は多忙を極めるスケジュールとなる。昨年、同じドラマ枠で「町医者ジャンボ!!」に主演し、EXILEのツアーとドラマ撮影の同時進行を乗り切ったMAKIDAIは「まっちゃん、忙しい時もあるかと思いますが、その時は自らの心にビンタをして気合を入れて頑張ってください!」とドラマタイトルにかけてエールの言葉を送った。

 松本、MAKIDAI、AKIRAによる愛の詰まったドタバタシーンをお見逃しなく!

「ビンタ!」
日本テレビ系 毎週(木)後11・59

<出演>
箕輪(ミノワ)文太:松本 利夫(EXILE)
高田夏美:山口紗弥加
工藤洋平:西村雅彦

<スタッフ>
原作:小川圭
「特攻事務員ミノワ」(講談社ヤングマガジンKC所載)
脚本:大石哲也ほか
チーフプロデューサー:木谷俊樹
プロデューサー:中間利彦
宮川晶(ケイファクトリー)
演出:国本雅広(ケイファクトリー)ほか

制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ

公式サイト(http://www.ytv.co.jp/binta/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える