• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

オネエ役でドラマ初主演!渡部豪太が元ももクロの早見あかりと事件を解決!?

CS放送 フジテレビTWO ドラマ・アニメリジナルドラマ『二丁目のホームズ』。左から、渡部豪太、阪田マサノブ、早見あかり

 渡部豪太主演のオリジナルドラマ『二丁目のホームズ』の放送が決定した。

『二丁目のホームズ』は、二丁目で巻き起こる殺人事件を、謎を秘めたオネエ・家多シュン(渡部)が、冷静な観察力と知識と卓越した女心を武器に解明していく謎解き連続ドラマ。今回がテレビドラマ初主演の渡部は、エレガントな女装姿も披露。さらに、男勝りで化粧っ気のない半人前の女刑事役として二丁目にやってくる真仲響子役を、2011年に「ももいろクローバー」を脱退し、女優の道を歩み始めた早見あかりが演じ、シュンを陰で支えるオカマバー「サティスファクション」のママは、演技派俳優・阪田マサノブが演じる。

 全4話のオリジナルドラマ『二丁目のホームズ』は、CS放送 フジテレビTWOで3月16日(土)午後9・00から放送(リピート放送あり)。渡部豪太、早見あかり、羽鳥健一プロデューサーのコメントは以下のとおり。

★渡部豪太コメント
 私、渡部豪太のテレビドラマ初主演の本作を、素晴らしいキャスト、スタッフの皆様と創ることが出来て本当にうれしいです。ママ役の阪田マサノブさんには大きく支えていただきました。響子役の早見あかりちゃんもフレッシュパワーがあって楽しかったです。あとBarサティスファクションにいるオカマの皆さんにはたくさん元気をもらいました。
 二丁目という街にはさまざまな個性を持った人々が集います。その人々がかかえる想い、感情、痛み、悩み等々から生まれてしまう事件。その数々を優しさと厳しさ溢れる『女心』で解決していく家多シュン。本作は人情ファンタジーだと僕は思っています。
 家多シュンは、とても振り幅のある役で、演じているうちに次々と新しい感情がわいてきて大変でした。
 あと『オンナ』って大変。

★早見あかりコメント
 刑事もの(?)なので、殺人事件などもおきますが、全体的に楽しいドラマだと思います。渡部さん、阪田さんの女装がホンモノのように似合っています。特に渡部さん演じるシュンはホントにかわいいです(笑)。
 毎回謎解きがあって、全4話を通して面白さが増していきます。ドラマ全体の謎が最後にどうなるのかなど、テレビの前の皆さんにも謎解きをしながら笑えるところは笑って見てもらえればうれしいです。

★プロデュース・羽鳥健一コメント
 とある“二丁目”のBarで耳にした、ユーモアとペーソスにあふれる会話。そして実際にお話したときの刺激と深み。このドラマを制作するにあたって訪れた、とある“二丁目”のBarで、私はこのドラマの方向性が間違っていないことを確信しました。
 そして実際に収録に入って、あらためて確信したこと。それはキャスティングがドンピシャであることです。初めてオネエ役を演じる主役の渡部豪太さん、初めて刑事役を演じる早見あかりさん、そしてこれまた初めてオネエ役を演じる阪田マサノブさん。皆さんそれぞれが初めての役どころで大変なご苦労だったと思います。しかし、休憩中もオネエが抜けない男性陣の姿や、クランクアップをむかえた時に涙ぐんでいた早見さんの姿を見るにつけ、早くもシーズン2の構想を思い巡らしている今日このごろです。

<番組情報>
番組名:『二丁目のホームズ』
放送チャンネル:CS放送 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
放送日時:3月16日(土)午後9:00~10:20(リピート放送あり)
 *16日は、1話~4話(各20分)を全て放送予定。
放送回数:全4話(一話20分)
放送形式:VTR

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える