• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

豪華差し入れで楽しい現場!『素敵な選TAXI』会見で竹野内&バカリズムらが撮影裏話

 10月14日(火)からスタートする新ドラマ『素敵な選TAXI(センタクシー)』(関西テレビ・フジテレビ系 後10・00 ※初回15分拡大)の制作発表が7日、都内・収録スタジオにて行われた。会見場には主演の竹野内豊、脚本・出演のバカリズム、南沢奈央、清野菜名、升毅が登場。和やかな雰囲気で撮影現場の裏話などが語られた。

 まず主演の枝分役・竹野内は「撮影は2話まで撮り終えて、非常に楽しい現場です。バカリズムさんが書かれた脚本も最高です。楽しみにしていてください」とコメント。

 そして今回、脚本と出演、カフェ“choice”の店長・迫田役に挑戦したバカリズムは「脚本は一応4話まで書き終えたんですが、5話が全く手がつけられていなくてですね、今のところ何も浮かんでいなくて焦っています、でも最終話まで何とか完走できるようにがんばりたいと思います」と緊張の面持ちで語った。

 カフェの店員・宇佐見夏希役の南沢は「いつも笑いをこらえながら楽しく撮影をしています。カフェのシーンではそういう楽しい雰囲気が伝わればいいなと思って、一生懸命盛り上げていきたいと思います」と。同じくカフェ店員・関カンナ役の清野は「カフェ“choice”のムードメーカーとして盛り上げていけるようにがんばります!」と笑顔を。

 カフェの常連客・標道雄役の升は「ここまでの撮影の中で、この“choice”という店はかなり流行ってない店で(笑)、枝分さん(竹野内)と常連の僕以外の客はまだ見ていなくて。まあ今後、この店も流行っていくだろうと思いますし、常連客としてしっかりこの店を守っていきたいと思います」と自身の役に思い入れを感じるコメントを述べた。

 また、本番組のテーマになぞらえて出演者陣に2択で回答を迫る「どちらが素敵な選TAXI」という質問コーナーを。「“24時間眠れない撮影現場”と“24時間何も食べられない撮影現場」どちらがいいかという問いに南沢が「この現場は差し入れが豪華なので、目の前に差し入れがあって食べられなかったら辛いかな」と答えると、バカリズムも「僕はもうすでに結構寝てないんです。すでにそういう生活なんですが、この現場に来るのはすごく楽しみなんですよ。それは差し入れが尋常じゃなくて、しかも食べ切れなかったものはお持ち帰りできるんです! それが楽しみだったりするので、食べられなくなるのは嫌ですね」と現場の差し入れを大絶賛。

 続けて「“自分以外の出演者・スタッフ全員が女性の撮影現場”と“自分以外の出演者・スタッフ全員が男性の撮影現場”」どちらのオファーを受けるかに対し、竹野内は男性ばかりの現場を選択。「男が好きというわけではないですよ(笑)。でも、一度“女子会”というものに参加したことがあったんですよ。軽く顔を出す程度で行ったんですけど『俺、だめだな』って。無理でした。完全に置いていかれちゃって、どうしたらいいんだろうって何も出来ない自分がそこにいて…」と意外な過去を告白した。

 反対にバカリズムは女性だらけの現場を選択。「僕は女性がすごく好きなので、そんな夢のような現場があるのであれば、よろこんで受けさせていただきます!」と堂々と回答した。さらに本作の脚本を引き受けたのは「モテそうだから」という理由だったことを言及されると「連続ドラマの脚本を、芸人としては初らしいので、たぶんすごい多才感が出て…、女性タレントさんたちにちやほやされるのかなという思いがありまして、ぜひ脚本をやらせてほしいとお願いしました(笑)」と語り、笑いを誘った。

 新ドラマ『素敵な選TAXI(センタクシー)』は10月14日(火)から関西テレビ・フジテレビ系で後10・00からスタート(※初回15分拡大)。

『素敵な選TAXI』公式サイト(http://www.ktv.jp/sentaxi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える