• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松田龍平「回り道をする面白さを知って」

 4月13日(土)に公開される「舟を編む」の完成披露試写会が都内で行われ、主演の松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、石井裕也監督が登場した。

 本作は2012年の本屋大賞1位に輝いた三浦しをんの原作を映画化。24万語を収録した新しい辞書「大渡海」を15年かけて作り上げる青年・馬締(まじめ)と、個性派ぞろいの辞書編集部の仲間たちの姿を描いている。

 松田は「言葉を扱うのが苦手な主人公・馬締が、辞書を作るという面白い発想に惹かれた。普段何げなく使っている言葉を違う角度から見られる映画です。デジタル機器を使えばすぐに答えが出ることが多い今、わざわざ辞書を開いて回り道をする面白さを知ってもらえたら」と映画をPR。

 女性板前に挑戦した宮崎は「衣装を着て、背筋がピンと伸びる感じがした」と話し、「似合ってましたよ」との声に笑顔を見せた。

 辞書の思い出を聞かれると「あまり勉強が好きじゃなかったから特に…」と松田。いっぽうオダギリは「Dictionaryって単語を“字を引く書なりい”って覚えさせられた気がします。なんでですかね?あれ腹立ちましたね」と学生時代の記憶を話すと、会場からは笑いが。

 また、映画のキャッチコピー「マジメって、面白い。」に絡めて「最も真面目な人は誰?」という質問には、全員が「みんな真面目ですよね」と声をそろえて回答。「せりふをちゃんと覚えてくる皆さん真面目ですよ。でも僕が一番真面目かな」と話し、またもオダギリが会場の笑いを誘っていた。

 映画「舟を編む」は4月13日(土)より全国ロードショー。

「舟を編む」公式サイト(http://fune-amu.com/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える