• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「服は日常を変えられる」新世代のファッションデザイナー・森永邦彦の挑戦に密着

新世代のファッションデザイナー・森永邦彦の挑戦に密着

(C)MBS

 10月12日(日)に放送されるドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット後11・15~11・45)は、ファッションデザイナー・森永邦彦に密着する。

 原宿のブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナーとして、「変色する服」や「サイズが変わる服」など、これまでの常識を覆すデザインの服を創り、今、世界から注目を集めている森永。 「服は日常を変えられる」という哲学を持ち、服を着る人、観る人に日常を変えるような衝撃を残したいと語る森永は、“リアル・クローズ”でありながらも、実験的かつ近未来的な服を創り続けている。

 番組では、“影を纏う服”をコンセプトに、念願の大舞台「パリコレクション」に向けて新作づくりに取り組む森永を半年間にわたって密着。最新テクノロジーとの融合で、既存のファッションを超えようともがく、新世代のファッションデザイナーを追う。

■森永邦彦プロフィール
1980年生まれ。
2003年、早稲田大学社会部、バンタンデザイン研究所を卒業。
同年、ブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」を設立。
2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞を受賞。
2012年、初の個展「アンリアレイジ展 A REAL UN REAL AGE」(パルコミュージアム・東京)を開催。「神は細部に宿る」という信念のもと作られた“季節に左右されな服”や、音を奏でる繊維で作られた「聴く服」など、独創的でコンセプチュアルな作品が話題を呼んだ。
2014年9月に、念願だった「2015年春夏パリコレクション」に初参加。
ディレクター曰く、「強面に見えるが、実は“とにかく一生懸命で優しい人”。涙もろくて、おっちょこちょいな一面がある」という。

「情熱大陸」
公式サイト…(http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook…(https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku
公式twitter…(https://twitter.com/jounetsu

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える