• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

斎藤工&貫地谷しほり、チャウ・シンチー最新作で映画吹き替え初挑戦!

斎藤工&貫地谷しほり、映画吹き替え初挑戦!

 斎藤工と貫地谷しほりが、チャウ・シンチー監督最新作「西遊記~はじまりのはじまり~」(11月21日(金)公開)の公開アフレコに挑戦した。

 斎藤が声優を務めたのは、主人公の妖怪ハンター・玄奘(ウェン・ジャン)。映画オリジナルキャラクターである女妖怪ハンター・段(スー・チー)を貫地谷が務めた。山寺宏一、神谷浩史など脇を固める豪華声優陣に引けを取らない堂々とした吹き替えをこなした2人だが、実は共に映画の吹き替えは初挑戦。周囲からは「初めてとは思えない」と驚きの声が上がったという。

 主人公・玄奘は、失敗ばかりの若き妖怪ハンター。自身が演じたキャラクターについて斎藤は、「実際の自分も自堕落な生活を送っているので、3枚目のキャラが合っていると思います」と意外な発言。「玄奘は当時でも時代遅れな“わらべ歌”で妖怪を退治する泥臭いやつなんですよ。僕もアナログなところがあって、音楽ソフトのアップデートがうまくできなかったり、ガス代を引き落としにしていなかったら止められちゃったりしたことがあって…」と、お茶目なエピソードまで飛び出した。それを受け貫地谷は「いやいや斎藤さん2枚目じゃないですか(笑)」と反論すると、「私の役は強い女妖怪ハンターで頼りない玄奘に恋をするという役です。強いところに共感ができました」と自身を重ね合わせた。

 劇中には段が玄奘に迫るシーンもあるそうで、「実際に異性から迫られたら?」との問いに斎藤は「相手によるんじゃないですか(笑)」とかわしつつも、「迫られるよりこっちから攻めたいですね」と断言。貫地谷は、「私は劇中の立場とは違って迫られたいです(笑)」と照れくさそうに語った。

 最後に斎藤は、「字幕版でご覧になる方もいらっしゃると思いますが、魂を込めて臨んだ吹き替え版も楽しみにしてもらえればと思います。劇場体験をしないと損をする作品だと思いますので、ぜひ劇場でご覧ください!」と意気込み、貫地谷も「斎藤さんとは演劇研究所時代からの知り合いで、こうして今2人で囲み取材を受けているのが不思議な感じです。大好きなチャウ・シンチー監督の作品で初めての吹き替えという機会を与えていただきありがとうございました」と締めくくった。

映画「西遊記~はじまりのはじまり~」
11月21日(金)公開
製作・脚本・監督:チャウ・シンチー
出演:スー・チー、ウェン・ジャン、ホアン・ボー、ショウ・ルオ
配給:日活/東宝東和 配給宣伝協力:東京テアトル
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

公式ホームページ(saiyu-movie.com

【STORY】
「西遊記」に登場する三蔵法師や孫悟空らが出会うまでの物語を、『少林サッカー』などで知られるチャウ・シンチーがオリジナルストーリーで描く。後の三蔵法師となる玄奘(げんじょう)は、妖怪ハンターとして村に現れた妖怪を退治するもあえなく失敗。そこへ女性妖怪ハンター・段が現れる。これまでにないビジュアルで描かれるキャラクターたちのほか、玄奘と段が繰り広げるはかない恋のゆくえにも注目!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える