• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気モデル・成田凌、初ドラマで高梨臨と共に主役に大抜擢!

人気モデル・成田凌、初ドラマで高梨臨とともに主役に大抜擢

 特殊能力を持つ刑事と天才研究員の難事件解決を描いたスケール大のサスペンスドラマ『FLASHBACK』が、フジテレビNEXTライブ・プレミアム、フジテレビNEXTsmartにて有料放送・配信される。

 主演を飾るのは、雑誌「MEN’S NON-NO」の人気モデルで本作が役者初挑戦となる成田凌と、話題作への出演が相次ぐ若手実力派女優の高梨臨。成田演じる加々美稜真は、遺体の残留思念が読み取れる“フラッシュバック”を使い事件を解決するHIDE(秘匿事件課)の若き刑事。稜真の相棒となる轟日見子(高梨)は、人工知能を開発するも教授にノーベル賞を奪われ、失意の中HIDEに出向する天才研究員。タッグを組んだ2人が猟奇殺人事件を解決する中で、いつしかその事件の裏にひそむ歴史の真実を暴いていくという、大スケールのサスペンスエンターテイメントドラマとなっている。

 初のドラマで主演を務めることとなった成田は、「決まったときはとにかくうれしく、素人の自分を抜擢していただいた皆さんの期待を裏切らないよう必死にしがみついていこうと思いました。稜真が背負ってしまった宿命を、自分自身がどれだけ理解して向き合っていけるかを大切にしながら、役者人生で初めていただいた役を全力投球で演じました」と初々しいコメントを残した。

 また、高梨は、「最初台本を読んだときは、考古学がすごく難しいと感じました。でも何度も台本を読んでいくうちに、どんどんこの世界の面白さが見えてきました。きっと映像になっても、見れば見るほど新しい発見がある深い内容になっていると思います。特に私の演じる日見子は、考古学に興味がないにもかかわらずどんどん事件に巻き込まれていくので、視聴者の皆さんも同じ目線で楽しんでいただけるのではないかと思います。世界のミステリーはもちろん、1人ひとりの熱意や葛藤も見てほしいです」と注目ポイントを語った。

「この作品では、日本にしかない文化と世界の歴史のモチーフを両方詰め込んだ、映画や海外ドラマを思わせるほどのクオリティーの高い作品づくりを目指しています」と語る東康之プロデューサーは、成田の起用について「日本からアジア、さらには世界に通用する新しいスターをフジテレビから発信したいと考え、その結果、存在感と迫力があってナイーブながらもセクシーな雰囲気を漂わせていた成田さんを大抜擢することにしました」と経緯を説明。

 また、高梨についても「本作は海外に輸出することを念頭に置いて企画しました。そのためこの日見子という役は、日本の女性の凛とした美しさ、はかなさ、さらには力強さを表現できる“日本の顔”になれる方にやっていただきたいと思いました。そこで今、もっとも自分らしく生きていて、きらきら輝いている高梨さんにお願いしました」と言及した。

 共演には、津川雅彦、仲村トオル、豊原功補といった豪華俳優陣が顔をそろえ、異色のサスペンスエンターテインメントをさらに盛り上げる。

CSフジテレビオリジナル連続ドラマ『FLASHBACK』
放送:CS放送「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」
配信:フジテレビNEXTsmart(インターネット同時配信)
放送日時:12月19日(金)後10・00 ほか
放送回数:全4話

公式ホームページ(http://www.fujitv.co.jp/otn/flashback/

【STORY】
遺体や遺品に触れると死者の魂のイメージが脳内に浮かぶ特殊能力=フラッシュバックを持つ刑事・稜真(成田)と、AI(人工知能)開発でノーベル賞を教授に横取りされた先端科学研究所研究員の日見子(高梨)。バディを組んだ2人が巧みに猟奇殺人事件を解決する中で、いつしかその事件の裏にひそむ歴史の真実を暴き出す。最終的に、すべての事件は人類の終末を記したというある予言書の謎へとつながっていき…。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える