• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「また呼んでください」岡田准一が黒澤イズムを受け継ぐ小泉監督にラブコール

「また呼んでください」岡田准一が黒澤イズムを受け継ぐ小泉堯史監督にラブコール

 映画「蜩ノ記」の大ヒット舞台あいさつが10月16日(木)に行われ、主演の役所広司、岡田准一、堀北真希、小泉堯史監督が登壇した。

 次の作品の役作りのため、ハットを深くかぶっていた役所が「分かりにくいかもしれないですけど、役所広司です(笑)」と照れ笑いで話すと、岡田は「かっこいいですよね」としみじみ。

 幅広い世代の観客が観に来ているということで、役所は「時代劇がヒットにめぐまれるのが難しい時代ですけど、こうして丁寧に作っていくと、時代劇を好きになってくれるお客さんが増えていくんじゃないかと思います。良いものは良いですよね」と笑顔で語ると、会場からは拍手が起こった。

 岡田准一は「ほんとに幸せな現場でした。監督をはじめ、スタッフの皆さんが僕を育てようとしてくださって、すごく感謝しています。日本の心というのをきっちりと監督や役所さんから学んでいきたいと思いました」と、撮影を振り返り「また呼んでいただきたいなと思っております」と、小泉監督にラブコールを送った。

 撮影前に、歴史や所作を学んだという堀北は「きっと今の私たちにも通ずるものがあると思うので、ぜひ若い方たちにも映画を観ていろんなことを学んでいただけたらと思います」と本作の魅力を語った。

 また、本作が日本一早い映画賞“山路ふみ子映画賞”を受賞したことを記念し、スクリプターとして黒澤明監督作品を支えてきた野上照代さんが小泉監督へ花束を贈呈。役所は「ほんとにうれしいです。『蜩ノ記』はこの賞にふさわしい映画だと思います。黒澤監督も喜んでくださっていると思います」と話した。

 映画「蜩ノ記」は東宝系にて大ヒット公開中。

映画「蜩ノ記」公式サイト(http://higurashinoki.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える