• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「テラスハウス」のてっちゃんこと菅谷哲也が体当たり演技を披露

「テラスハウス」のてっちゃんこと菅谷哲也が体当たり演技を披露

(C)YTV

 プラチナイト木曜ドラマ「ビンタ!」の第4話(10月23日(木)放送)にテラスハウスを卒業したてっちゃんこと菅谷哲也がゲスト出演することが決まった。菅谷にとってはテラスハウス卒業後、初めてのドラマ出演。第4話のキーパーソンとなる小学校の教師、増田亮太役を演じる。このほど千葉のロケ地で行われた撮影に参加した菅谷は第4話の見所、役者としての決意を語った。

 一躍人気者になるきっかけになった番組が終了し、本格的に俳優として歩み始めた菅谷。「テラスハウスが終わって1つ目の芝居の仕事だったのでうれしかったです」と出演の話を聞いた時を振り返った。

 半面、注目度の高さに戸惑いもあるようで、菅谷は「プレッシャーですよ。芝居で名前を知ってもらう前に名前は知って頂いてるわけですから。世間が求めるハードルはすごく上がってると思います」と明かした。

 菅谷が演じる増田は子供思いの気の弱い担任という役柄。モンスターペアレントに体罰、セクハラしたと騒がれ、担任を辞めさせられそうになる。菅谷は「舞台の時もそうだったんですけど、割と内気な役柄をやらせてもらうことが多くて…。演じるのは難しいですね」と自分と違う性格の役に苦労した様子。続けて、菅谷は「増田は萎縮しがちな人だと思ったので、ずっと目を見て話さず、目線を落とすように演じました。少しキョロキョロしながらオドオド話す感じを意識しました」と演じる上で注意した点を語った。また、子供好きの菅谷は「増田は子供たちの事を信じている先生。できるだけたくさん話すようにしました」と明かした。

 今回、主演の松本利夫(EXILE)、西村雅彦、山口紗弥加、ゲストの七瀬なつみという俳優の先輩たちに囲まれて演技をした菅谷。「若手の中に入ってやるのとは違う緊張感があります。最初、現場では萎縮していました(笑)。皆さん、テレビでずっと見てきた方たちなので…。でもMATSUさんたちが話しかけてくれて、皆さんすごく良くしてくれたので入りやすかったです」と演技しやすい雰囲気を作ってくれた共演者たちに感謝した。

 先輩たちとの共演に刺激を受けているようで、菅谷は「吸収する事はすごくあります。芝居もそうですけど、撮影現場での人としての振る舞いも勉強になりました。MATSUさんの気遣いを見て、素晴らしい人だなと思いました」と語った。

 このドラマは松本演じるミノワが放つ愛あるビンタが見所の1つ。菅谷は「ビンタが2シーンあるんですよ(笑)。最初のビンタは『今なんでビンタされたの?』って困惑したリアクションなんですけど、その一発で増田は気づく事があって、最後はビンタで気合を入れてもらう。ゲストはほぼ毎回ビンタをされるんですけど、今のところ、僕が最多ですね(笑)」と苦笑いした。

 この日、2シーン目の愛あるビンタをお見舞いされた菅谷は「強烈だったので気合が入りました。前回も強烈でしたけど(笑)。MATSUさんは手が厚いなと思いました。ごつい手でした(笑)。でも、すごく愛を感じました」とビンタの感想を語った。

 頬が真っ赤になるほどの強烈な一発を受けた後、増田が自分の気持ちを皆に伝えるという劇中と同じ流れで撮影は行われた。このシーンは第4話の最大の見せ場。菅谷は「最初、増田は自分と真逆にいるミノワに戸惑っていたと思うんですけど、だんだんミノワを信頼していく。ミノワと出会った事によって最後は自分の殻を破る。ラストは大事なシーンだと思いますね」と見どころをアピール。劇中同様、松本のビンタで気合が入った菅谷は気持ちの入った演技を披露した。

 今回のドラマ出演から本格的に俳優として歩み始めた菅谷は「(役者としての自分を)『見てくれ』って感じです。今まで見ていた菅谷哲也とは違う一面を今回のドラマでは見て頂けるんじゃないかなと思います」と胸を張った。今回の作品はテラスハウス卒業後、初めてのドラマとあって感慨深い様子。菅谷は「今回はたくさんのセリフを頂いて、たくさんのシーンに出させて頂きました。今まではほぼエキストラって感じだったから、こんなにストーリーに関わらせて頂く役は初めてでした。この機会にたくさんの事を吸収して次の作品に臨んでいきたいですね」と意欲的だった。

 今後は映画、ドラマ、舞台と活躍の幅を広げたいという菅谷は「役者として駆け出しなので、全部やりたいです。やっていく中で『これがやりたいな』と思うかもしれないですけど、まだそこまで至っていないので、全部やって、たくさん経験したいです」と意気込みを語った。

 演じてみたい役柄については「良い人と言われる事が多いので、悪人をやってみたいですね。いろんな役を演じるためには経験が必要。近々の目標としてはスキルをつける事、引き出しを増やす事ですね。今回も自分は引き出しが本当に少ないなと実感したので…。良い意味で皆を裏切られるような役者になっていきたいですね」と役者としての決意を表明をした。

 最後に菅谷は「増田がビンタをきっかけに変わっていく所が見所ですね。あとは七瀬なつみさんのモンスターペアレントぶりがすごいです(笑)」と第4話をPR。テラスハウス卒業後、初のドラマ出演となる「ビンタ!」第4話は10月23日放送。俳優、菅谷哲也の熱演をお楽しみに!

プラチナイト木曜ドラマ
「ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~」
#4 10月23日(木)後11・59~深0・54

<出演>
箕輪(ミノワ)文太:松本利夫
高田夏美:山口紗弥加
大津吾郎:石黒英雄
箕輪カナ:原菜乃華(子役)
工藤洋平:西村雅彦
<第4話ゲスト>
桜井薫子:七瀬なつみ
増田亮太:菅谷哲也

<スタッフ>
原作:小川圭
「特攻事務員ミノワ」(講談社ヤングマガジンKC所載)
脚本:川嶋澄乃
チーフプロデューサー:木谷俊樹
プロデューサー:中間利彦
宮川晶(ケイファクトリー)
演出:国本雅広(ケイファクトリー)ほか

制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ

公式サイト(http://www.ytv.co.jp/binta/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える