• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山下智久「本当に涙が出るほどうれしい」映画大ヒットに感謝

山下智久「本当に涙が出るほどうれしい」映画の大ヒットに感謝

(C)「近キョリ恋愛」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社

 週末興行収入ランキングで2週連続第1位を獲得した映画「近キョリ恋愛」の大ヒット御礼舞台挨拶が10月22日(水)に行われ、主人公・櫻井ハルカを演じる山下智久が登壇した。

 山下は「本当に涙が出るほどうれしいです。映画ランキングで1位をとったことがなかったので、また一つの夢がかないました。皆様のおかげです。本当にありがとうございます」と挨拶し「これをまた活力に、次に向けて頑張っていけたらと思います」と語った。

 プロモーション活動で印象に残っていることを聞かれると「テレビ局のご年配のADの方に『映画観ました。とても面白かったです。僕がカンペを出しますので、これを読んでください。ゆにちゃんっぽく開きます』と言われたんです。映画で、ヒロインの枢木ゆにちゃんが“先生のことが大好き”って書いたノートを、パカッと見せるシーンがあるんですけど、そのおじさんがパカッとかわいらしく出してくれちゃって…面白かったですね。でも、ご年配の方にも気に入っていただけて、本当にうれしかったです」と笑顔を見せた。

 本作をきっかけに“壁ドン”が広まったことについては「“壁ドン”って言葉のほうが先にひとり歩きしちゃって、“壁ドン”をやる際のプレッシャーがすごかったです。なるべくナチュラルに見えるように頑張りました。女性に“壁ドン”はいろいろなキャンペーンでやらせてもらったんですけど、男性にも壁ドンをできたことがあったんです。おそらく、男性なんですけど男性が好きな方だったと思うんですね。ドンってやったら、目をうるうるさせて少女漫画に出てくるようなキラキラした感じを見させてもらって…人生で初めての経験をさせてもらいました」と語った。

 最後に山下は「いい作品に出会えて、たくさんの人に見ていただけて、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。胸キュンシーンはもちろん、大切な人に対する優しさってなんだろうっていうこともたくさん詰まっているので、ぜひ皆さんにそういうところを感じていただければと思います」とメッセージを送った。

 映画「近キョリ恋愛」は大ヒット公開中。

映画「近キョリ恋愛」公式サイト(http://kinkyori-movie.jp/

配給:東宝映像事業部

(C)「近キョリ恋愛」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える