• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人がピアノに初挑戦!「ベートーヴェンに成り切ってます!」

音楽劇「ルードウィヒ・B」

 手塚治虫原作の音楽劇「ルードウィヒ・B~ベートーヴェン 歓喜のうた~」の製作発表会見が10月24日(金)に行われ、主演の橋本良亮(A.B.C-Z)、河合郁人(A.B.C-Z)、知念里奈、浅野温子、里見浩太朗、音楽監督の千住明が出席した。

 本作がジャニーズ以外の舞台初出演となる橋本は「A.B.C-Zの橋本良亮です。…あっベートーヴェンです」とあいさつし、取材陣を和ませると「今から舞台に立つのが緊張しています。とにかくベートーヴェンのファンの方に失礼のないように演じたいと思っています。1番年下ですけども、主役なりにこのメンバーを引っ張っていけたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 練習をしなくても才能があったモーツァルトを演じる河合。「演出の方に僕のキャスティング理由を聞いたら、チャラそうで鼻が似ているからと言われました(笑)。普段の自分とはちょっと違う役なんですけど、頑張っていきたいです」と語ると、「夏にやった『ファウスト』っていう舞台は主役が僕で、バーターで五関(晃一)がついたんですけど、今回は橋本のバーターで頑張りたいと思います(笑)」と話し、取材陣を笑わせた。

 本作でピアノ初挑戦となる橋本と河合。「最初はどう扱っていいのかも分からなかったけど、今は1曲くらい弾けるようになりました。家にマネージャーさんがピアノを届けてくれたので、夜中に大音量でベートーヴェンに成り切って練習しています」(橋本)、「先生に耳がいいと言ってもらったので、音で覚えるようにしています」(河合)と、それぞれ話した。

 音楽劇「ルードウィヒ・B~ベートーヴェン 歓喜のうた~」は、11月27日~12月6日・東京国際フォーラム ホールC、12月11日~14日・シアターBRAVA!(大阪)にて上演される。

公式サイト(http://www.beethoven-stage.com/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える