• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤勝利「フレッシュな舞台見せたい」2015新春 ジャニーズ・ワールド製作発表

ジャニーズ・ワールド製作発表会見

「2015新春 ジャニーズ・ワールド」の製作発表会見が都内で行われ、Sexy Zoneの佐藤勝利、中島健人をはじめ豪華メインキャスト15名が登壇した。

「ジャニーズ・ワールド」は、2011年、2012年にギネス世界記録に認定されたジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手がけ、歌やダンスはもちろん、フライングやアクロバットなどエンターテインメント・ショーの全てが盛り込まれたジャニー喜多川氏の集大成とも言える作品。

 新春公演では、今最も勢いのあるSexy Zoneの佐藤勝利、中島健人、A.B.C-Zをはじめとするフレッシュなキャストに加え、彼らの大先輩となる少年隊・錦織一清もプロデューサーという役柄で参加。錦織は「ここ何年かは寂しいお正月を過ごしていたのですが、新春のステージに立てる喜びを感じ、何でもするつもりでいます」と宣言。「2015年は自分のターニングポイントになるのではないか」と後輩との共演を楽しみにしている様子を見せた。

 これまでにも錦織と舞台での共演経験があるA.B.C-Z。錦織の印象やエピソードを聞かれ、「芝居に対して熱い思いを思っている人。これからまた新しい面を見つけていきたい」(塚田僚一)、「以前別の舞台で共演したときに、『俺が本番までにお前を化けさせてやる』と言われたことが印象的」(五関晃一)、「錦織さんの演出のおかげでお芝居することが恥ずかしくなくなった。A.B.C-Zのキャラクターを作ってくれた」(河合郁人)、「本番中に袖でアドバイスを頂いたことがあって、どんなときでも後輩のことを見てくれている人」(戸塚祥太)とそれぞれが語る中、橋本良亮が「僕はこれからビシバシ指導してもらいたいです!」とアピールすると、錦織が「俺のほうがお手柔らかにしてもらいたいよ」と返す場面も。

 大先輩を前に緊張ぎみだったジャニーズJr.のメンバーは尊敬する先輩を聞かれ、「塚田くん。自分のアクロバットが恥ずかしくなるぐらいすごい」(平野紫耀)、「堂本剛くん。自分らしさを持っていて何でもできる」(ジェシー)、「山下智久くん。ソロコンサートのときに頬を触ってもらってから虜に」(永瀬廉)、「中島(健人)くん。悩みを相談したときに『Just way you are』と言葉をかけてくれた」(髙橋海人)、「A.B.C-Zの皆さん。特に橋本くんにお世話になっている」(岩橋玄樹)、「SMAPの木村拓哉さん。一度共演させてもらったときにギターをやっていると話したら、教えてもらうことができた」(神宮寺勇太)と、熱い思いを語った。

 また、ジェシーとマリウスは、流ちょうな英語やドイツ語で海外のファンにもアピール。「2人の力を合わせて、ジャニーズ・ワールドをよりインターナショナルな舞台にしていきたい」と話す2人に、先輩からは「心強い!」と声が上がった。

 最後に、佐藤は「3度目の公演になりますが、今まで作り上げたジャニーズ・ワールドよりフレッシュな舞台を見せていきたい」、中島は「最強のジャニーズの布陣がそろったのではないかと思う。“ジャニーズ100%”で頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

「2015新春 ジャニーズ・ワールド」は2015年1月1日(木・祝)より帝国劇場にて上演。(全38公演)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える