• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「プロポーズされたい」関ジャニ∞大倉忠義が理想のシチュエーションを告白

武井咲

 現在公開中の映画「クローバー」の大ヒット舞台挨拶が行われ、ウエディングドレスに身を包んだ武井咲とタキシード姿の大倉忠義が登場した。

 物語のエンドロールで流れる結婚式シーンを再現した舞台挨拶ということで、お客さんはフラワーシャワーと「おめでとう!」の歓声で2人をお出迎え。

 はにかみながらも武井をきっちりとエスコートした大倉は、歩いた感想を聞かれると「逆に皆さんがどうなのかなぁ…」と客席の反応をうかがうような目線を。しかし、披露宴用の衣装を着てくる人もいるなど、本物の結婚式さながらの会場に「こんなにたくさんの人に協力してもらってうれしいですね」と笑顔を見せた。

 一方の武井は「(エンドロールの)撮影をしているとき、私がウエディングドレスを着てるのに大倉さん歩くのがすっごく早くて(笑)。でも今回は合わせてくれたから、すばらしいなと思いました」と撮影時の様子をこっそり暴露。

 緊張していたと弁解する大倉だったが「柘植のドSなキャラクターが出てしまったのでは?」と司会者から助け舟を出され、「そういうこともあるかもしれませんね(笑)」とすかさず反応し、笑いを誘っていた。

 理想のプロポーズに話がおよぶと、武井は「家でご飯を食べているときに『結婚する?』って言われたい」とリアルなシチュエーションを告白。
共感する客席を見た大倉も「そういうのがいいねんな」と納得の様子だったが、本人はまさかの“プロポーズされたい派”と明かし、会場の女性たちから一気にブーイングを受ける結果に。「プロポーズをずっと待っている女の子がしびれを切らして『結婚しないの?』と聞いてくるタイミングで、『いや、結婚するでしょ』って言います」と理想を説明するも、会場の女子には響かなかった様子。

 しかし最後には、「関西弁でプロポーズしてください!」という要望に「結婚せえへん?」と甘い声で決めてみせ、黄色い歓声を浴びていた。

映画「クローバー」公式HP(http://clover-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える