• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ハーモニー・コリン最新作は“映画史に残る傑作”

映画「スプリング・ブレイカーズ」(C)Spring Breakers, LLC

 映画「スプリング・ブレイカーズ」の日本公開日と、監督・出演者の来日が決定した。

「スプリング・ブレイカーズ」は、19歳にして「KIDS/キッズ」脚本を書き上げ、以降「ガンモ」、「ミスター・ロンリー」などを監督し世界中で高く評価されている鬼才ハーモニー・コリン監督の最新作。刺激を求める女の子たちのリアルな姿をポップ&スタイリッシュに描き、各国の映画祭で上映されるやいなや“映画史に残る傑作”との評価を受けた。

 疾走する女子大生4人には、ディズニー出身の全米トップアイドル、ヴァネッサ・ハジェンズとセレーナ・ゴメス、さらに「プリティ・リトル・ライアーズ」で注目されたアシュリー・ベンソン、「ミスター・ロンリー」のレイチェル・コリンが起用され、旬な女優たちが全編にわたってセクシーな水着姿で体当たりの演技を見せる。

 また、「127時間」でアカデミー賞主演男優賞ノミネートを果し、ディズニー映画「オズ はじまりの戦い」など今ハリウッドで最も注目される若手実力派ジェームズ・フランコが、彼女たちの運命を変える衝撃の“バッドボーイ”エイリアン役で新境地を切り開いたほか、彗星のごとくシーンに現れグラミー賞を受賞した最旬アーティスト、スクリレックスが楽曲を提供している点も注目ポイント。

 映画「スプリング・ブレイカーズ」は、6月15日(土)より全国ロードショー。日本公開に先駆け、4月にハーモニー・コリン監督、出演のレイチェル・コリンが夫婦そろって来日することも決定している。

「スプリング・ブレイカーズ」(原題:Spring Breakers)
6月15日(土)全国ロードショー
監督・脚本:ハーモニー・コリン
製作:クリス・ハンレイ、ジョーダン・ガートナー、
デヴィッド・ザンダー、シャルル=マリー・アントニオーズ
出演:ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュレイ・ベンソン、レイチェル・コリン、グッチ・メイン
音楽監修:ランドール・ポスター
音楽:スクリレックス、クリフ・マルティネス
編集:ダグラス・クライズ
衣装:ハイディ・ビヴェンズ
美術:エリオット・ホステッター
撮影:ブノワ・デビエ
提供:トランスフォーマー/シネマライズ/WOWOW
配給:トランスフォーマー
R15+

<ストーリー>
 退屈な大学生活に心底ウンザリしているブリット、キャンディ、コティ、フェイスの4人組は、日常を変えるために“スプリング・ブレイク(春休み)”にフロリダ旅行に出かけようと盛り上がる。
 勢いに乗った彼女達は強盗で資金を作ろうと目論み、計画は思った以上に上手く運んだ。そして、待ちに待った“スプリング・ブレイク”には美しいビーチとクールな音楽、カッコイイ男の子たち!!
 やっと自分達の居場所を見出した4人だが“エイリアン”と名乗る謎の男と出会ったことで、大きく運命が変わってしまう…。

「スプリング・ブレイカーズ」公式サイト(http://www.springbreakers.jp)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える