• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

釘宮理恵「わが子を送り出すような気持ち」映画『楽園追放』初日舞台挨拶

「楽園追放- Expelled from Paradise -」初日舞台挨拶が11月15日(土)に新宿バルト9で行われ、釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、主題歌を担当するELISA、水島精二監督が登壇した。

「楽園追放-Expelled from Paradise-」は、虚淵玄(うろぶち・げん)と水島監督による初のオリジナル劇場作品。3DCGで描かれたキャラクターの存在感など、最先端の映像世界が楽しめる。物語は、人類安住の地・電脳世界ディーヴァが、謎のハッキングを受けるところから始まる。ハッキングの狙いを調べるために、ディーヴァの捜査官・アンジェラは、機動外骨格スーツ・アーハンをともに、荒廃した地上へと舞い降りる。

 アンジェラ・バルザック役の釘宮は「初めてお話をいただいたときからだいぶ時が経っているので、ようやくわが子を世の中に送り出せるようなホッとしたような気持ちです」と挨拶。ディンゴ役の三木は「ストーリーがすごく面白くて、3人がそれぞれの夢に向かって成長していく過程が濃密に描かれているのではないかなと思います」と語った。

 フロンティアセッター役の神谷は「シナリオを読んだときは、非常に難しい話に見えたんですよね。初号試写の時に『評判がすごく高い』といううわさを水島監督から聞きまして、良かったと思うと同時に、俺がやっていたことは正しかったと思いました。監督からの指示を信じて、フロンティアセッターをやらせていただきましたけど、こうやって皆さんに受け入れていただいて…すごく自信を持ってここに立てています」と胸を張った。

 釘宮が「作品自体が私にとっては難しくて、内容を理解するのが大変でした。神谷さんもおっしゃっていたように、台本だけでは本当にチンプンカンプンな内容で…」とコメントすると、三木も「大丈夫だよ。みんな、チンプンカンプンだったよ(笑)」と賛同。神谷は「俺はチンプンカンプンとは言ってない(笑)!」とすかさずツッコミ、笑いを誘った。

 また、脚本の虚淵玄がサプライズで登場。虚淵は「映画の看板を見たとき、胸にグッときましたね。ゼロから劇場の作品を作るのは初めての経験だったので、僕にとって節目になる作品かなと思います。それが今日から始まるので、気持ちが高ぶります」と笑顔を見せた。

 最後に釘宮は「何度も見ていただけますとうれしいですし、普遍性のあるテーマを扱っていますので、皆様の心の中に何かが残ればと心より願っています。この『楽園追放』がいつまでも皆様に愛されるように祈っています」とメッセージを送った。

「楽園追放- Expelled from Paradise -」は、新宿バルト9ほか上映中。

配給:ティ・ジョイ
(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
映画「楽園追放- Expelled from Paradise -」公式サイト(http://rakuen-tsuiho.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える