• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A.B.C-Z 橋本良亮「素晴らしいものを届けたい」舞台でピアノ生演奏に挑戦

「手塚治虫原作 音楽劇『ルードウィヒ・B』~ベートーヴェン 歓喜のうた~」の公開稽古が11月26日(水)に行われ、橋本良亮(A.B.C-Z)、河合郁人(A.B.C-Z)、知念里奈、姜暢雄、浅野温子、里見浩太朗、音楽監督の千住明が登場した。

 本作は『コミックトム』(潮出版社)に1987年6月号より1989年2月号まで連載され、作者・手塚治虫の逝去により未完となった、L・B・ベートーヴェンの生涯を作者の観点を加えて描いた音楽漫画『ルードウィヒ・B』が原作。絶筆部分である後半に日本で有名な交響曲第九番のエピソードを加え、舞台化により完結する。

 舞台でピアノ生演奏を披露したベートーヴェン役の橋本は「最初はびくびくでしたけど、本番はガツンとお客さんに見してやりたいです。本当に素晴らしいものを届けたいですね」と意気込んだ。同じく生演奏を披露したモーツァルト役の河合は「ピアノを最初弾いた時はすごい筋肉痛になりそうだったんですけど、それ以外のテレビのロケのほうが筋肉痛になることが多いので大丈夫でした(笑)。歌いながら弾くのはすごく大変で、今までのジャニーズ人生の中で一番大変なぐらい勉強しました」と振り返った。

 浅野が「2人(橋本・河合)とも仲が良いの。すごく助け合っているの」と言うと、河合は「そうですね。なるべく人前では仲が良いのを見せとこうと思って(笑)」と。すかさず、橋本が「やめなさい(笑)」とツッコみ、笑いを誘った。また、河合が「すごく明るい稽古場でした。里見さんの存在感と浅野さんを見るとすごく心がきれいになるんです」と稽古場の様子を話すと、里見は「僕はこんな舞台は初めてということで、とっても楽しいですね。着るものやお化粧から全部楽しい」と笑顔を見せた。

 最後に橋本は「このメンバーでできたことに、本当に心から感謝しております。気を抜かず、一生懸命頑張っていきたいと思うので、皆さん応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

手塚治虫原作『ルードウィヒ・B』~ベートーヴェン 歓喜のうた~」

■出演
橋本良亮(A.B.C-Z):ルードウィヒ・ベートーヴェン
河合郁人(A.B.C-Z):アマデウス・モーツァルト
知念里奈:エレオノーレ・ブロイニング
姜暢雄:フランツ・クロイツシュタイン
浅野温子:ベートーヴェンの母マリア・マグダレーナ
里見浩太朗:ベートーヴェンの父ヨハン・ベートーヴェン

原作:手塚治虫『ルードウィヒ・B』
音楽監督:千住明
上演台本:ヨリコジュン
演出:モトイキシゲキ

主催:「ルードウィヒ・B」公演実行委員会
後援:ドイツ連邦共和国大使館(東京)、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館(大阪)
楽器協力:ローランド株式会社
企画協力:手塚プロダクション

東京:東京国際フォーラム ホールC
2014年11月27日(木)~12月6日(土)16公演
大阪:シアターBRAVA!
2014年12月11日(木)~12月14日(日)7公演

音楽劇『ルードウィヒ・B』公式サイト(http://www.beethoven-stage.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える