• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

かわいい顔した殺人鬼…三石琴乃がドラマ声優初挑戦

 3月1日(金)午後9・00から放送されるアンフェアシリーズ最新作ドラマ『ダブル・ミーニング Yes or No?』(フジテレビ系)で、人気声優の三石琴乃が声の出演を果たすことが分かった。

『美少女戦士セーラームーン』の主人公の声を担当するなど、アニメはもちろん『キャサリン三世』のナレーターなどバラエティ番組でも活躍する彼女は、意外にもテレビドラマは初挑戦。

 今作はインターネットの世界を舞台に、画面の前にいるすべての人々を巻き込んだ“視聴者参加型犯罪”を展開。三石は事件の張本人となる“マスク男”の声を担当している。主人公の望月役を演じた北乃きいは「かわいい声ですごく残虐なことを言うので、声と見た目の映像の組みあわせが怖かったです」と見事にドラマの世界観にはまった三石の声を絶賛。

 演じた三石は「自分のアニメボイスを起用したいと言われたときに、かわいくてでも子供みたいに残酷なことが平気でできるというキャラクターを目指したいんだなと。どういう声が欲しいのかっていうのは直感的に分かってたんで、そこはもう思いきりかわいく、そして残酷に演じましたね。犯人の動機は知っていたので、後半マスク男の感情が漏れ出るところは核心的な気持ちを出せるように集中しました」と撮影を振り返り、「今の時代を風刺したような、インターネット上の劇場型犯罪。実際にあってもおかしくないと思わされます」と見どころをPRした。

 スペシャルドラマ『ダブル・ミーニング Yes or No?』は、フジテレビ系で3月1日(金)午後9・00から放送。

『ダブル・ミーニング Yes or No?』公式ホームページ(http://www.ktv.jp/doublemeaning/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える