• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

良知真次「熱情(パッション)が生まれている」超歌劇『幕末Rock』がスタート

 超歌劇『幕末Rock』ゲネプロが行われ、囲み取材に坂本龍馬役の良知真次、高杉晋作役の太田基裕、桂小五郎役の矢田悠祐、土方歳三役の輝馬、沖田総司役の佐々木喜英が登場した。

『幕末Rock』は、2014年2月に発売された、アドベンチャーゲームとリズムゲームを合わせたゲームソフト。幕府直属の最高愛獲(トップアイドル)・新選組による“天歌”(へブンズソング)で支配された幕末の世を舞台に、幕府の行動に疑問と憤りを感じる志士(ロッカー)らが、“Rock”の力で革命を起こしていく物語となっている。2014年7月から9月までアニメが放送され、12月に舞台化。

 良知は「皆さんのスケジュールがそろわなくてバタバタだったんですが、いざ通してみると一つになるんです。やるたびに熱情(パッション)が生まれていると思います」と笑顔を見せた。

 太田は「原作と同じ楽曲を使っているので、原作ファンの人は興奮するんじゃないかなと思います」と。佐々木は「アニメを見ていたんですが、どれもかっこいい曲ばっかりなので、観に来てくれるお客様も曲を愛していただいて、一緒に年末を楽しんでいただけたらと思います」とほほ笑んだ。

 見どころを聞かれると、輝馬は「土方と沖田で歌う『非常幻想-オーバーミラージュ-』とその次の『INTERSECT』は、僕が個人的に大好きなシーンです」と。矢田は「エアーなんですが、初めてドラムに挑戦したんです。叩いてるように見えるように頑張ってきたので、ドラムをしながら歌うところです」と語った。

 最後に良知は「熱い熱情(パッション)を届けられるような坂本龍馬を演じたいと思います。どうぞお手柔らかに観てください」とメッセージを送った。

 超歌劇『幕末Rock』は、12月24日(水)~12月29日(月)まで天王洲 銀河劇場にて公演。

超歌劇『幕末Rock』
12月24日(水)~12月29日(月)まで天王洲 銀河劇場にて公演

原作:『幕末Rock』(マーベラス)
脚本・演出:吉谷光太郎
音楽制作:テレビ朝日ミュージック
協力:ギブソン
出演:
坂本龍馬役:良知真次 高杉晋作役:太田基裕 桂小五郎役:矢田悠祐
土方歳三役:輝馬 沖田総司役:佐々木喜英 井伊直弼役:小谷嘉一
お登勢役:山岸拓生 近藤勇役:友常勇気 徳川慶喜役:Kimeru ほか

超歌劇『幕末Rock』公式サイト(http://bakumatsu.marv.jp/stage/
超歌劇『幕末Rock』公式ブログ(http://www.marv.jp/message/bakumatsu.php
公式ツイッター:@bakumatsu69

(C)2014 Marvelous Inc./幕末Rock製作委員会
(C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える