• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「第14回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリ・髙橋ひかるインタビュー

2014年で14回目を迎えたオスカープロモーション主催の「全日本国民的美少女コンテスト」。これまで数多くのスターを輩出してきた同コンテストで、弱冠12歳(当時)でグランプリに輝いた髙橋ひかるさん。まだあどけなさが残る彼女に今の気持ちや、所属事務所のフレッシュな女優たちが勢ぞろいする恒例の“晴れ着撮影会”についての感想、そして今後の目標について語ってもらった。

あのときは、とにかく緊張していました

――「全日本国民的美少女コンテスト」をあらためて振り返ってみて、今の気持ちは?

グランプリを受賞したことに、少しずつではありますがようやく実感が沸いてきています。でも、まだ何も上手にできないというのが現実なので、少しずつ頑張っていきたいというのが今の正直な心境ですね。

――コンテスト当日、緊張しないために何かやっていたことはありますか?

手のひらに「人」という字を3回書いて飲み込むっていうのをみんなで一緒にやったりしました(笑)。コンテストが終わってホテルに帰ったときは、一気に疲れが出ちゃって。自分でもびっくりするくらいすごく緊張していたんだな、ってあらためて思いました。

――最初に、芸能界に興味を持ったきっかけは何ですか?

小さいころから、アイドルやモデルさんにとても憧れていました。当時好きだったアイドルはモーニング娘。さんです。みんなとてもかわいいので、すごく憧れていて。以前はアイドルになりたいって思っていたんですが、最近では女優さんになりたいと思うようになりました。目標とする人は、剛力彩芽さんです。笑顔が本当にすてきで、演技もダンスも歌もトークもできて…もう全部そろっていて本当に完璧なんです! 剛力さんのように、マルチに活躍できる女優さんになりたいです。

――12月には、事務所の先輩方と一緒に「晴れ着撮影会」に出席しましたね。

私が隣に並ぶのがもったいないぐらい、皆さんとてもきれいでした! 当日は、先輩方がたくさん話しかけてくださったんですが、自分からも積極的に話しかけました。私の隣にいた剛力さんとは、お天気の話とかしたんですけど、話し方も受け答え方もすごく優しくて…やっぱり完璧な方だなって思いました。私が着た着物は、とてもかわいくて本当に着られてよかったです。

自分の性格と真逆の役でお芝居に挑戦したい

――これから、どんな仕事に挑戦したいですか?

お芝居をやりたいです。役は、いじわるな役や天然系の役とか。私自身、いつもまったりしているタイプなんです。でも実は、隠れ負けず嫌いだったりもします(笑)。自分の性格と真逆の役に挑戦してみたいですね!

――これからの目標を聞かせてください。

剛力さんのように幅広く活躍できる女優さんになるのが私の目標です。そのためにも、笑顔とか表情とか、立ち居振る舞いとかもこれから少しずつ練習していきたいと思います。そして、演技もトークもできて、バラエティ番組にも出演できて、歌や踊りもこなせるような、そんな女優さんになりたいです!

 

PROFILE

髙橋ひかる
2001年9月22日生まれ(13歳)
出身:滋賀県
血液型:O型
2014年8月に行われた「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で、グランプリを受賞。

 

●photo/徳永 徹 text/松岡美代子

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える