• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

お正月なのに不幸話だらけ!? 芸能界のミジメちゃんが有吉弘行の下に集結!

 2015年1月2日(金)に有吉弘行のMCで送る『正月なのに不幸オーラ全開!有吉VSミジメちゃん 今年幸せになってほしい人大賞』(フジテレビ系)が放送される。

 スタジオにはミジメなエピソードをたっぷりと持つ“ミジメちゃん”な芸能人たちが集結し、1月から順々にミジメな逸話を披露。もっともミジメだった芸能人には大賞が贈られ、「2015年こそは幸せになってもらおう!」というものだ。見届け人には長嶋一茂、大島優子、大鶴義丹、平愛梨が登場する。

 ミジメカレンダー「1月」では、鈴木拓、釈由美子、アンミカが、幼少期に体験したお正月の極貧エピソードを告白。番組アシスタントの高橋真麻が「こじんまりと過ごしていました」と前置きをして明かすミジメちゃんとは対極的な豪勢な話には、ミジメちゃんたちが一斉に物申すひと幕も。

「2月」「3月」には、小沢一敬が幼少期に“春になると必ずやらされる日課”などを明かすほか、ミジメちゃんたちが食していた“ミジメグルメ”の数々を紹介。さらに、布川敏和が離婚の裏話を告白したことをきっかけに、西川史子、“ビッグダディ”こと林下清志、宮﨑宣子も自身の離婚話を。

「7月」「8月」部門では、「一茂さん何かありました?」と有吉に振られた長嶋は、世間を騒がせたあの騒動について言及。「9月」「10月」部門では大久保佳代子が男性がらみのミジメ話を。さらに、田中卓志の切ない独身生活や、売れない時代にサンドウィッチマンに降りかかった悲劇など、とんでもないミジメ話の数々が登場する。

 髭男爵やコウメ太夫らが売れない時代の貧乏話を語った“ニューカマーミジメちゃん”たちのエピソードトークでは、あまりの衝撃度に有吉も「すごいね…」と絶句。元SDN48の佐藤由加理も、AKB48時代から一変したSDN48時代のミジメすぎる話を告白するなど、なかなかの爆弾トークを展開していく。

 また、有吉×男芸人だけの新年会では、児嶋一哉、サンドウィッチマン、陣内智則、田中卓志、ビビる大木が参加。仕事や結婚、さらにはギャラの話題など、カメラも忘れてぶっちゃける芸人たちの本気トークは見逃せない。

『正月なのに不幸オーラ全開!有吉VSミジメちゃん 今年幸せになってほしい人大賞』(フジテレビ系)は2015年1月2日(金)後9・00から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える