• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

1月の「宝塚への招待」は人気ゲーム『戦国BASARA‐真田幸村編‐』

(C)宝塚歌劇団(C)宝塚クリエイティブアーツ(C)カプコン

 1月のWOWOW「宝塚への招待」は、累計販売数360万本を超える大ヒットゲーム「戦国BASARA」を宝塚歌劇団が初ミュージカル化した公演「戦国BASARA‐真田幸村編‐」を1月31日(土)後2・30からWOWOWライブで放送する。

 戦国武将をスタイリッシュに描いたこの戦国アクションゲームは2005年に発売され、これまでアニメ、映画、舞台、ドラマとマルチなコラボレーションを見せているが、ミュージカル化は初。宝塚版は戦国武将・真田幸村と上杉謙信がたどった数奇な運命を描くと共に、幸村といのりとの恋愛が加わった宝塚歌劇ならではのロマンあふれるストーリー。幸村役は2014年5月に退団した元花組トップスター蘭寿とむ、幸村の幼なじみ・いのり役は2014年11月に退団した元花組トップ娘役・蘭乃はなの“蘭蘭コンビ”が演じている。また、謙信役は、現花組トップスターの明日海りおが務めた。

<ストーリー>
 舞台はさまざまな勢力が領地争いにしのぎを削る戦国時代。甲斐の武田信玄(華形ひかる)と越後の上杉謙信(明日海りお)も川中島でいく度となく激しい合戦を繰り広げていた。信玄から厚く信頼されている真田幸村(蘭寿とむ)も、二本槍を自在に駆使し、武田軍の攻撃の要として活躍。そんな中、幸村の幼なじみで、ひそかに想いを寄せるいのり(蘭乃はな)は、彼の実直すぎる生き方や、信玄への忠誠心を体現したわが身を顧みない激烈な戦い方に身を案じていた。
 一方、謙信も人智を超えた戦いぶりで周囲から“軍神”と恐れられる名将。その謙信にして、戦場をすさまじい勢いで進撃する幸村には目をみはるものがあり、敵ながら実力を大いに認める存在になっていた。刻々と直接対決へ向けて突き進む幸村と謙信だが、2人の運命はまた大きく動き出す。

収録日/2013年6月27日
収録場所/東京 東急シアターオーブ
スタッフ・キャスト/
脚本・演出:鈴木圭
出演:蘭寿とむ、蘭乃はな、明日海りお、高翔みず希、華形ひかる、春風弥里、月央和沙、望海風斗ほか

 
1月の「宝塚への招待」は「戦国BASARA」!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える