• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渡部篤郎らが前田敦子を絶賛!「連続ドラマW 翳りゆく夏」完成披露会見

 1月18日(日)スタートのWOWOW日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 翳りゆく夏」(毎週日曜日 WOWOWプライム 後10・00)の完成披露記者会見が行われ、主演の渡部篤郎、時任三郎、前田敦子、橋爪功、板谷由夏と波多野貴文監督が出席した。

 本作は、20年前に起きた新生児誘拐犯の娘が、大手新聞社に内定したことから物語が始まるサスペンスドラマ。渡部と時任は24年ぶりの共演。波多野監督とは16年ぶりのタッグとなる。

 渡部は「まだまだ先輩に教えてもらうこともたくさんあるので、うれしかったです」と言えば、波多野監督は「現場では渡部さんが“はい、本番いきましょう”と、まいて笑わせてくれるんですよね。とても助かったし楽しかったです」とエピソードを。橋爪も「僕も一発で決める気持ちで臨んでいるので、とってもいい雰囲気でした」と話した。

 そして、今回WOWOWのドラマに初出演で、事件を唯一目撃していた少女で大人になって風俗嬢として働くという役どころに挑んだ前田は「素敵な大人のドラマに出させていただいてうれしかったです」とコメント。前田について渡部は「前田さんの役は、人物設定があんまり描かれていない役どころなのに、すぐにその役の持っている心のひだとかを素敵に演じてて、びっくりしました。何も説明しなくても、声や目の動きで表現していて、逆に僕が引っ張られたような感じです」と絶賛。波多野監督も「すごく短いシーンなのに、一気に人物像が描かれたので素晴らしい女優」と。

 いっぽう、前田との共演があると聞いて楽しみにしていた橋爪は「実際には一度もなかったんですよね。もうだまされた! がっかりしたし、(出演を)降りようかと思ったくらいですよ」と会場を笑わせ、盛りあげた。

 最後に渡部が「20年前の事件を真相解明するミステリー。家族愛や人間の成長、大人の影の部分などたくさんのエンターテイメントがつまっています。楽しみにしてくだい」と会見を締めた。

 ドラマは1月18日(日)WOWOWプライム午後10・00スタート。全5回。初回無料放送。

 
「連続ドラマW 翳りゆく夏」18日スタート!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える