• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渋谷すばる「ちょっと泣きそう」甲本ヒロトら著名人からの絶賛コメントに感無量

 映画『美園ユニバース』の完成披露試写会が1月15日(木)に行われ、主演の渋谷すばる、二階堂ふみ、山下敦弘監督が登壇した。

 本作が映画単独初主演となる渋谷は「あんまりお芝居の現場に慣れていないので不安もあったんですけど、山下監督がどういうふうにやるかを1つひとつ話し合いながら作っていってくださったので、みんなで一緒に作っている感じが楽しかったです」と話すと、MCから「渋谷さんはこんなにすごい役者だったのかと思いました」という感想を伝えられ、渋谷は照れくさそうな表情を見せた。

 撮影中はほとんど会話をしていなかったという渋谷と二階堂。そんな中、山下監督が「本当にしゃべらないんですよ。でも、大雨で撮影が中止になったときに2階から楽器の音が聞こえてくるなと思ったら、スタッフが事件です!みたいな顔で、2人が音出してます!2人がしゃべってます!ってなったことはありましたね」と暴露。すると、渋谷は「僕が雨待ちで暇だったので普通にギターを弾いてたら「どうやってるんですか?」て、(二階堂が)ガッと来たので「あっキタ!」と思ってちょっと一緒にやりましたね」と恥ずかしそうに話した。

 イベント中には、本作に対するコメントを寄せた著名人をスクリーンで紹介。渋谷は大ファンであるザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利の名前を見つけると「やっば!えっ見たんですか!?マジっすか!?」と大興奮。甲本からの「すばる、愛してるぜ。」のメッセージには「ちょっと泣きそうです。ありがとうございます。すごくうれしいです」と感無量の様子だった。

 また、本作が第44回ロッテルダム国際映画祭スペクトラム部門への出品が決定し、渋谷が「挨拶程度しかできないと思うんですけど、頑張ってできる限り英語は勉強しようかなと思います。あとはもう分かりやすく伝えるためにガッツリライブして来ようかなと。思いっきりやってきます!」と意気込みを語ると、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

 上映後にはサプライズライブが行われ、渋谷がステージに登場。劇中でも歌っている「ココロオドレバ」と主題歌である「記憶」を熱唱すると「ありがとうございました。『美園ユニバース』よろしくお願いします!いま感じていることを1人でも多くの人に言いふらしてくれ!」とメッセージを送った。

 映画『美園ユニバース』は2月14日(土)から全国ロードショー。

映画『美園ユニバース』公式サイト(http://misono.gaga.ne.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える