• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“あー、まるちゃんだぁ!”E-girls・Amiが「ちびまる子ちゃん」に本人役で登場

『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念~旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』(1月25日(日)後6・00放送)の特別番組の案内役としてE-girlsのAmiが本人役で登場することが決定し、収録が行われた。

 Amiが登場するのは番組冒頭のコーナーで、さくら家と一緒に今回のスペシャルの見どころを本人役「Ami」で紹介する。『ちびまる子ちゃん』の主題歌「おどるポンポコリン」をE-girlsの一員として歌っているAmiだが、声優は今回が初挑戦となった。

 収録当日、スタジオに足を踏み入れると「こんな広いところでやっているんですね!」と初めてのアニメ収録スタジオの広さに驚いた様子。さらには、まる子役のTARAKOもスタジオに入り、Amiのすぐそばで収録を見守るという状況だっただけに、「TARAKOさんがいらしてビックリしましたし、すごく緊張しました。でも“こんにちは”と挨拶を交わした瞬間に“あー、まるちゃんだぁ!”と思ってテンションが一気に上がりました!」と大興奮。

 まる子との初めての掛け合いの感想を問われると「まるちゃんが“Amiちゃん”とか言ってくれているのがすごいなと思いましたし、終始感動のひとときでした。夢見ていたことでもあったので、信じられない気持ちでいっぱいですが、これはお家でテレビを見たときにもっともっと感動するものがあるのかなって思っています」と。

 監督からの指示で“うふ”というセリフを入れることになったが、「たまに、こういうアニメで普段ではいわない吐息とかをメンバーと遊んだことがあったので、役に立ちました。“あ!”とか、そういう掛け合いをして遊んでいたので。その経験が生かされる時がきました。渾身の『うふ』を言ったので楽しみにしていてください」とアピールした。

 最後にAmiは、「今回はこんな貴重な体験をさせていただいて、私自身もすごく面白かったんですけど、テレビで見るのも楽しみです。まる子ちゃんのオープニングテーマをE-girlsとしてもやらせていただいている縁もありますし、これからもっともっとちびまる子ちゃんを盛り上げていけるように頑張っていきたいと思っているのでぜひ、ご家族で見てほしいです!」と25周年スペシャルへの意気込みを語った。

『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念~旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』
フジテレビ系
1月25日(日)午後6・00~7・00放送

■出演者
まる子:TARAKO
お父さん:屋良有作
お母さん:一龍斎貞友
おじいちゃん:島田敏
おばあちゃん:佐々木優子
お姉ちゃん:水谷優子 ほか

■スタッフ
企画:狩野雄太 (フジテレビ)
監督:高木 淳 
脚本:さくらももこ
演出:堂山卓見
作画監督:山崎登志樹
美術監督:野村可南子

■制作
フジテレビ
日本アニメーション

「ちびまる子ちゃん」公式サイト(http://chibimaru.tv/

(c)さくらプロダクション/日本アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える