• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「雨上がりのしわしわのエロ本を…」斎藤工が青春時代のきわどい話を告白

 斎藤工×綾戸智恵によるwowowシネマの特番「特集:100人の映画通が選んだ“発掘良品”」の公開収録が都内で行われた。

 この企画は、TSUTAYAがDVDレンタルコーナーで展開している「100人の映画通が選んだ“発掘良品”」とwowowシネマのコラボレーション企画。毎回映画通のゲストを迎え、斎藤とのトークにより“知る人ぞ知る本当に面白い映画”を紹介している。

 第11弾の今回は初の公開収録で、ゲストに綾戸を迎え、「カレンダー・ガールズ」「恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」「オンリー・ユー」「ふたりにクギづけ」の魅力について語った。

 公開収録後の囲み取材では、“発掘良品”にちなみ、最近発掘したものは?という質問に、斎藤は「湯たんぽ」と答え、「湯たんぽが待ってる布団にすべりこむ瞬間がたまらない」と理由を語った。

 また、“湯たんぽもいいけど、人肌恋しくなることは?”とふられると、「人間はいいと思うんですけどね…でも今のところ、湯たんぽと近所に銭湯があるので、そこでぬくもりはチャージしています」と巧みな対応。

 また、公開収録の中で、エロ本に関する青春時代のきわどいエピソードを披露した斎藤。記者からのいつ頃?との質問に、「多分、中学時代で一番ギラギラなときです。僕なんかは雨上がりの遊歩道に落ちているしわしわになったエロ本を拾ってきた世代なので。エロ本を重宝していましたね。雑誌名言いましょうか? 男性陣はピンとくる、とある方言の…」とためらいなく語っていた。

 最後に、斎藤は今年の自身の俳優としての在り方について「自分にこういうニーズがあったのかという、自分で予想できないものによって今の自分が形成されているので、2015年は、自分でこれをこうするというようにコントロールしないこと」と語った。

「特集:100人の映画通が選んだ“発掘良品”」
wowowシネマにて3月16日(月)~19日(木)放送

3月16日(月)後11・00~「カレンダー・ガールズ」
3月17日(火)後11・00~「恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」
3月18日(水)後11・00~「オンリー・ユー」
3月19日(木)後11・00~「ふたりにクギづけ」

公式サイト(http://www.wowow.co.jp/movie/hakkutsu/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える