• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ご褒美はキス!?アンガールズと美女ボクサーがガチンコ対決

 人生の負け犬となった主人公2人がリングの上で勝利をつかみ取っていく感涙必至の映画「激戦 ハート・オブ・ファイト」(1月24日(土)公開)。映画の公開を記念し、ガリガリの肉体で知られるアンガールズの2人がガチムチボディに変身し、美しすぎるボクサー・高野人母美とガチンコ対決を行った。

 高野のあまりの美しさに、田中卓志は「“格闘技の練習中にうっかりキスしてしまう”という映画内のシーンを再現したい」とキスを迫り、「彼女の繰り出すパンチに耐えられたらOK」という条件の下、勝負することに。しかし、案の定高野の強烈なパンチに耐えられず、さらに迫るも「顔が気持ち悪い」と一蹴され「殴られ損だよ~」と嘆くひと幕も。

 田中は、「この映画の主人公は年をとっても諦めずに試合を頑張っていて、自分も彼女を作ることを諦めそうになったこともあるけど、諦めちゃいけないなと思いました。今年は強い男になって、彼女が出来るように頑張ります!」と恋愛に積極的な一面をのぞかせた。

 相方の山根良顕は、「本当にいい映画で、涙が出るほど人間ドラマに感動して、ファイトシーンでは思わず手に力が入るぐらい興奮しました。人生の浮き沈みを描くドラマは、勇気が沸くので特に落ち込んでいる人に観てもらいたいですね」と呼びかけた。

 現役ボクサーである高野は、「何かのために戦い続けるところに共感しましたね。試合シーンがリアルで、自分がいかに危ない戦いをしているのか、再認識しました。私の中でも今年は勝負の年になると思うので、今後も緊張感を持って試合に臨もうと思いました」と決意を語った。

 映画「激戦 ハート・オブ・ファイト」は、1月24日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開。

「激戦 ハート・オブ・ファイト」
1月24日(土)公開
監督:ダンテ・ラム
出演:ニック・チョン、エディ・ポン ほか
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ

■ストーリー
総合格闘技(MMA)をテーマにした、感動的なアクション・ヒューマンドラマ。元ボクシング王者と破産した御曹司、そして息子を溺死させた過去を持つ女が出会い、人生に希望を見出していく姿をダンテ・ラム監督が描く。かつては香港のボクシング王者だったものの、八百長に手を出し落ちぶれたファイ(ニック・チョン)は、暗い過去を持つクワン(メイ・ディン)親子の部屋を間借りし友人のジムで下働きをしていた。一方、大富豪の息子スーチー(エディ・ポン)は、父親の会社の倒産により無一文になり、テレビで見た総合格闘技大会の賞金獲得のためジムに通う。スーチーはそこで雑用係をしているファイが元王者だと知り――。

公式ホームページ(gekisen-movie.jp/

(C) 2013 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える