• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Flowerが映画「ANNIE/アニー」テーマソングを800人の観客と熱唱

 ブロードウェイ・ミュージカルの本格映画化作品「ANNIE/アニー」のジャパンプレミアが行われ、日本語吹替版テーマソング「TOMORROW~しあわせの法則~」を担当する7人組人気ガールズグループ・Flowerがスペシャルゲストとして登場。観客の前で本楽曲を初披露した。

 イベント開始と同時に、メンバーの鷲尾伶菜、市來杏香が登場し同曲を熱唱。イベント冒頭からの美しい歌声に800人の観客は驚きながらもじっくりと聞き入った。歌唱後は、藤井萩花、中島美央、重留真波、坂東希ら残るメンバーも現れトークセッションが行われた(佐藤晴美は体調不良のため欠席)。

 初の映画とのコラボについて問われると、鷲尾は「Flowerとしてデビューして3年なんですが、映画の主題歌を歌わせていただくのは目標であり夢だったので、びっくりしていますし、とても感動しています」と喜びをあらわにした。この日は奇しくも鷲尾の21歳の誕生日だったため、MCから鷲尾に“誕生日プレゼントとしてお休みをもらったら何をしたいか”と質問が。鷲尾からは「お家でリラックスしながら映画をゆっくり観たいです」と、多忙を極めるアーティストならではの発言が飛び出したが、「『ANNIE/アニー』が公開されたらもう一回映画館で観たいです」と付け加えた。

 また、映画の感想について藤井は、「アニーの明るい性格が周りを幸せにしているストーリーで勇気やパワーをもらいました。歌やダンスを見てもハッピーになれるんです。全員で踊るシーンは私たちも踊りたくなりました!」と楽しげに振り返った。

 さらにこの日は、カラオケDAMの“Tomorrow”オーディションで、ベスト・パフォーマーとして選ばれた水上紗代さんがFlowerと一緒にステージに立ち、Flowerの『TOMORROW~しあわせの法則~』を800人の観客とともに大合唱。イベント当日が誕生日だったボーカル鷲尾にとって素晴らしいバースデイプレゼントとなった。

「ANNIE/アニー」は、1月24日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開。

「ANNIE/アニー」
1月24日(土)公開

製作:ウィル・スミス、ジェイ・Z
監督:ウィル・グラック
出演:ジェイミー・フォックス、クワベンジャネ・ウォレス、ローズ・バーン、キャメロン・ディアス

■ストーリー
本格ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。幼いころ両親と離ればなれになったアニー(クワベンジャネ・ウォレス)は、元歌手・ハニガン(キャメロン・ディアス)のもとで暮らしていたが、ひょんなことからIT長者でNY市長に立候補しているスタックス(ジェイミー・フォックス)と共同生活を始めることに。極度の潔癖症で子供嫌いな彼だが、しだいにアニーに心を開いていく。そのころ、アニーの両親に関する重大な知らせが届く。

公式ホームページ(annie-movie.jp
公式facebook(facebook.com/AnnieMovie.JP
公式twitter(twitter.com/AnnieMovie_JP

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える