• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

TSミュージカルファンデーションの新作はD-BOYSの魅力いっぱい!

 毎回定評ある作品で、歌と芝居とダンスを堪能させてくれるTSミュージカルファンデーションの舞台。新作は、ワタナベエンターテインメントとの共催でおくる『ミュージカル「GARANTIDO(ガランチード)」』。出演は柳下大、荒木宏文、山田裕貴、加治将樹、荒井敦史、三津谷亮、橋本汰斗、高橋龍輝、大久保祥太郎、山口賢貴、前山剛久、マルシア。東京公演は5月21日(木)~26日(火)東京芸術劇場 プレイハウスで、兵庫公演は5月30日(土)、31日(日)、兵庫県立芸術文化センターで上演される。

 作品は、2010年に上演した「GRANTIDO」の主催者が亡くなり空中分解寸前の劇団が、主催者追悼公演に向けて合宿稽古をするところから始まる。彼らが演じようとしている作品「GRANTIDO」は、太平洋戦争前後のブラジルで、アマゾン開発を夢見て、アラカ州に移住した日本人たちが時代の波にもまれていく姿くというものだった……。

 演出・振付・作詞を担当するTSミュージカルファンデーションの謝珠栄は「D-BOYSのはつらつとしたパワーあふれる舞台を観る機会があり、ワタナベエンターテインメントの渡辺ミキ社長の“若い役者を育てる”という思いに共感を覚え、自分の舞台製作においての“観るお客様も演じる役者も、もっともっとミュージカルを身近に感じて欲しい”という思いと合致して、表現者として“Dステ”で演じてもらうことにしました。現代と過去の歴史を行ったりきたりする『GRANTIDO』。その2つの世界をD-BOYSに演じ分けてもらい、表現者としての新たなステップを踏んで欲しい。そして彼らのような若い世代に、日本が高度成長を遂げる際に、ブラジルに行った彼らのような人たちが大勢いたという史実を知ってもらいたいです」と意気込みを語った。

 D-BOYSのパワーとTSミュージカルファンデーションのしっかりとした舞台作りが、新たな化学反応を起こす「GRANTIDO」。お楽しみに。

ミュージカル「GRANTIDO」
東京公演
5月21~26日 東京芸術劇場 プレイハウス
料金:S席8000円/A席5500円

兵庫公演
5月30日、31日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ほーる
料金:A席7500円/B席5000円

一般発売:2月21日(土)
チケット取り扱いおよびお問い合わせ:
TSミュージカルファンデーション 03-5738-3567(月~土 11時~18時)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える