• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人間国宝・坂東玉三郎の20年前のハイビジョン映像も!「坂東玉三郎の宇宙」を放送

写真:松竹株式会社、撮影:篠山紀信

 2012年に歌舞伎女形として人間国宝に認定された坂東玉三郎。彼が人生を賭して取り組んできた舞踊の世界が、『坂東玉三郎の宇宙』と題し、WOWOWライブで3月16日(土)後4・00から放送される。

「PART1」(後4・00から)は、1991年に大阪フェスティバルホールで上演された舞踊公演から歌舞伎女形舞踊の大曲「京鹿子娘道成寺」と、作家の夢枕漠と美術家の天野喜孝による妖艶で魅惑的な中国唐代の皇妃を描いた舞踊「楊貴妃」を放送。20年前にWOWOWの開局記念として、開発されたばかりのハイビジョンカメラで収録された幻の映像が、時を経てよみがえる。玉三郎の妖艶な美しさ、歌舞伎の美しい舞台は感動的だ。

「PART2」(後5・45から)は、2012年11月に日本最古の劇場である香川県の旧金毘羅大芝居(金丸座)で上演された最新の舞踊公演。地唄舞の「雪」と「鐘ヶ岬」は、静かな動きだけで女心と雪景色、桜の景色を舞台に映し出す。鼓童とのコラボレーション「いぶき」は対照的にダイナミックな舞台。

「坂東玉三郎の宇宙 PART1」 『京鹿子娘道成寺』『楊貴妃』
WOWOWライブ 3月16日(土)午後4:00
1991年に上演された坂東玉三郎の舞踊公演が甦る!ハイビジョンで撮影された貴重な映像。
<ストーリー>
1991年に上演された公演から歌舞伎舞踊の大曲と、玉三郎の代表的舞踊のひとつ「楊貴妃」。当時開発されたばかりのハイビジョンカメラの映像は奇跡的に美しい坂東玉三郎の姿を残す。「道成寺」は歌舞伎らしい鮮やかな色彩の舞台空間と衣装を何度も変える“早替え”の演出、「楊貴妃」は指先の繊細な動きまで逃すところなくとらえた映像美が見どころ。
収録日/1991年
収録場所/大阪 大阪フェスティバルホール
出演/坂東玉三郎

「坂東玉三郎の宇宙 PART2」『金丸座「雪」「鐘ヶ岬」「いぶき」』
WOWOWライブ 3月16日(土)午後5:45
日本最古の劇場、香川県琴平町の金丸座で行われる坂東玉三郎の舞踊公演。美しい地唄舞の世界、鼓童とのダイナミックなコラボレーションで構成。
<ストーリー>
坂東玉三郎にとっては初の出演となる香川県旧金毘羅大芝居(金丸座)での最新公演。稀代の舞踊家・武原はんより受け継いだ地唄舞「雪」、14歳から舞い続けている「鐘ヶ岬」、そこにある静寂に包まれた幽玄な世界にひきこまれる。また2012年より芸術監督を務める鼓童と共演する「いぶき」は日本の子守唄をモチーフにした太鼓と舞の融合が見どころ。
収録日/2012年11月9日
収録場所/香川 旧金毘羅大芝居(金丸座)
出演:坂東玉三郎、鼓童 音楽:富山清琴

人間国宝・坂東玉三郎の世界に迫る!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える