• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

サム・ライミが送る実話を元にした美少女ホラー映画が5月末に日本公開決定

映画「ポゼッション」の衝撃ポスター(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 ホラー映画「ポゼッション」が5月25日(土)より、シネマサンシャイン池袋ほかにて全国公開することが決定した。

「ポゼッション」は、ロサンゼルス・タイムズ紙で報じられた、ある“呪いの箱“にまつわる驚愕の実話を映画化した問題作。「死霊のはらわた」のサム・ライミがプロデューサーを務め、ライミ自身のレーベル、ゴースト・ハウス・ピクチャーズが製作。大ヒットシリーズ「ソウ」などを手がけたライオンズ・ゲートの配給で先日全米公開され、2週連続ボックスオフィス第1位を記録している。

“呪いの箱”に触れたことで異様な悪意をみなぎらせるように豹変する愛らしい主人公エミリーには、カナダ生まれの美少女、ナターシャ・カリスが抜擢され、両親を演じるジェフリー・ディーン・モーガン(「ウォッチメン」などに出演)、キーラ・セジウィック(人気TVシリーズ『クローザー』などに出演)ら実力派俳優とともに体当たりの熱演で強烈なインパクトを残している。

 また、監督は、ユアン・マクレガー主演のスリラー「ナイトウォッチ」で知られるオーレ・ボールネダルで、繊細な心理描写と巧妙なサスペンス演出に腕の冴えを見せる。

 映画「ポゼッション」は、5月25日(土)シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー。

「ポゼッション」(原題:THE POSSESSION)
プロデューサー:サム・ライミ
製作会社:ゴースト・ハウス・ピクチャーズ
監督:オーレ・ボールネダル
出演:ジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、ナターシャ・カリスほか
2012年/アメリカ・カナダ/92分/カラー/シネマスコープ/原題:THE POSSESSION
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ブロードメディア・スタジオ

(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真