• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

有吉弘行&マギーが誰も知らないニッポンの鉄道の秘密に迫る

 全日本謎愛好会の会長・有吉弘行と秘書のマギーが日本全国の摩訶不思議なモノや出来事を解明していくバラエティ番組「有吉!謎解き物語~地元も知らないニッポン鉄道編~」が、TBS系で2月14日(土)後2・00から放送される。

 今回は『なぜあんなところに○○が?』『なぜこんな変な形をしているの?』など地元民でも知らない、全国の『鉄道の謎』についてとことんリサーチしていく。

 会長の有吉は「収録前は鉄道に興味がありませんでしたが、収録後はちょっとだけ好きになりました。西村和彦さんの電車ウンチクがすごかったです。こっちがグッタリするほどに。次は『船舶』の謎をやりましょう」と早くも次回作の構想を。

 秘書マギーは「収録前は電車について“無興味”でした。でも終わってから、新幹線を見て『あ!』と思えるようになり興味を持てるようになりました。有吉さんとの初共演も、とっても楽しかったです」とそれぞれ番組を経て、鉄道に深い関心を示した。

■番組内容
調査1「もう一つの新幹線?の謎」
いまや日本全国どこへでも新幹線で行ける時代だが、幻の“もう一つの新幹線計画”が存在していたのだという…。その計画とは東京~成田間を新幹線で結ぼうとしていた「成田国際空港」への超特急。昭和47年の運輸省「運輸白書」にも明記されていることから存在していたことは明らか!しかし、さまざまな要因で実現に至らなかった新幹線…。だが、新幹線用と思わしき『謎の物体』が今も東京~成田区間に残されていると情報が。早速それが何かをダーリンハニーがリサーチをする!

調査2「3日で復興した?電車の謎」
 広島電鉄、通称“ひろでん”は、広島の人々のみならず、観光客にもお馴染みの「町の足」。しかし、この街中をさっそうと走る路面電車には、知られざる『奇跡の復活ストーリー』があった…。実はこの路面電車は、広島に原爆を投下されてからわずか3日で運転を再開したという。一面焼け野原になった広島の街を、いかにして路面電車が走り出したのか。路面電車の謎に地元出身のアンガールズがリサーチをする。

「有吉!謎解き物語~地元も知らないニッポン鉄道編~」
2月14日(土)後2・00~3・24 TBS系列28局ネット

公式ページ(http://www.rcc-tv.jp/nazo/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える