• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「テラフォーマーズ」三池崇史監督で実写映画化決定!2016年公開予定

 現在「週刊ヤングジャンプ」で連載中の漫画「テラフォーマーズ」の実写映画化が決定した。

「テラフォーマーズ」は作・貴家悠、画・橘賢一の近代SFコミック。火星に放たれ、進化したゴキブリと戦うという独特の世界観で人気を集めている。昨年にはアニメ化、OVA化も果たし、コミックの累計発行部数は1000万部を突破した。

 今回、この人気作品の実写化に挑むのは、映画「藁の楯」や「神様の言うとおり」などを手がけ、国内外で高く評価されている三池崇史監督。三池監督は「“スゲー漫画”から“スゲー映画”が生まれる事を証明しようと思う。映画をナメたら火傷するぞ」と自信を見せる。

 原作者の貴家悠は「映画になります…!!母さん…『あんたの漫画ゴチャゴチャしてて全く何やってるのか分かんないけど、就職はいつすんの?』とはもう言わせません……映画になるんですよ、母さんッ!!!」と映画化の喜びを語った。

 公開は2016年。キャスト情報やロケ地など今後続々と発表していく予定。

映画「テラフォーマーズ」
2016年公開予定

原作:作・貴家悠 画・橘賢一
監督:三池崇史

公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/terraformars/

(C)貴家悠・橘賢一/集英社(C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える