• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渡辺麻友&稲森いずみがバトル!? 4月連ドラでW主演

 4月スタートのドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系 毎週(火)後10・00)で、渡辺麻友(AKB48)、稲森いずみがW主演することが発表された。

 碧野圭の人気小説が原作で、2人が演じるのは経営危機に陥る老舗書店「ペガサス書房」に勤める、書店員の亜紀(渡辺)と理子(稲森)。本を人一倍愛する亜紀は「結婚より仕事や夢!」と奮闘していくが、その自由奔放で身勝手な態度から理子をはじめ書店員たちを困惑させる役どころ。一方の理子は冷静沈着に物事を判断する性格で、アルバイトから副店長まで上り詰めた実績を持つが、気づけば婚期を逃してしまう…という独身アラフォー。世代も性格も境遇も正反対の2人が仕事、恋愛、人生と果敢に戦う様を痛快に描いていく。

 共演には、亜紀にひと目ぼれをするコミック編集者に大東駿介、女子2人の奮闘を見つめる“謎の男”に田辺誠一、書店員役の鈴木ちなみ、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)が決定。さらに、『痛快TV スカッとジャパン』の“イヤミ課長”など陰湿キャラが人気の木下ほうかが店長役を、理子の父親を井上順が演じる。

 ゴールデン・プライム帯のドラマ主演が初めてとなる渡辺は「出演が決まったとうかがったった時は、おどろきすぎて信じられませんでした。いつかは(GP帯の)連続ドラマで主演をしたいなという夢があったので、まさかこんなに早くお話をいただけるとは」と恐縮しつつも、「AKB48のメンバーには実はまだ誰にもドラマに主演することを伝えていませんが、秋元先生には「頑張りなさい」という応援の言葉をいただきました。私は将来、幅広い役を演じられる女優になりたいので、夢への大きな第一歩。アイドル“まゆゆ”ではなく、女優・渡辺麻友に期待してください!」と目を輝かせ抱負を語った。

 稲森は「書店にも興味があるので、これから始まる撮影が楽しみです。私が演じる“理子”という役は、仕事にプライドを持ってバリバリ働いている一方で、プライベートでは上手くいかないところもあり完璧ではないところが、人間らしくてかわいいなと思いました」と役の印象を。

 渡辺が「いつもテレビで見ている女優さんなので、本当にお綺麗で圧倒されましたが、すごく優しい方」と初共演の稲森の印象を述べる一方で、「少女マンガから飛び出てきたような可愛らしい方で、お会いしたら何となく波長が似ている感じがして自然と会話をしていました。しっかりした印象を持ちましたので、ドラマの現場ではちょこちょこ頼っちゃうかもしれません(笑)」と稲森はいたずらっぽく渡辺の印象を語っていた。

 現在放送中の『銭の戦争』から一転し、4月からは働く女性たちの熱き戦いが注目を集めそうだ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える