• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

神田沙也加が“恩師”宮本亜門と映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を語る

 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」トークショーイベントに、宣伝ナビゲーターを務める神田沙也加、2005年にミュージカル「Into the Woods」を演出した宮本亜門が登場した。

 シンデレラやラプンツェル、赤ずきんといったおとぎ話の主人公たちのその後を描いたブロードウェイの人気ミュージカルを、ディズニーが実写映画化した「イントゥ・ザ・ウッズ」。「シカゴ」のロブ・マーシャル監督の最新作で、魔女役でメリル・ストリープ、赤ずきんのオオカミ役でジョニー・デップらが出演している。

 神田は、17歳の時に宮本演出の「Into the Woods」赤ずきん役でミュージカルデビュー。そのときの様子を宮本は「オーディションを受けにきてくれたんですが、本気なんですよ。もちろん皆さん本気なんですけど『絶対舞台女優になりたい』という意思のもと来ていて、声もまた素晴らしかった。これは赤ずきんにぴったりだと思ってお願いしました」と絶賛。

 それを聞いた神田は「今、初めて聞きました。受かったときは大声を出して喜びました。ミュージカルは初めてだったので、右も左も分からない状態だったんですが、亜門さんが『あなたはあなたのままで自信を持っていいんだよ』と言ってくださって、それですごく楽になりました」と振り返った。

 本作の魅力について聞かれた宮本は「童話の主人公たちがいて、1人ひとり違う悩みと希望を持っているんです。みんな考え方が違う、でもそれが1つになっていくところがぐっときます」と。

 自身も演じたことがある赤ずきんについて、神田は「赤ずきんは、言いつけを守らなきゃいけないけど、知らない世界への好奇心はもちろんある。その中で失敗してしまうこともあって、でも失敗から学ぶこともある。そういうことを経て、大人になっていく。最終的には自分の考えで運命を選び取っていく、そういう自立を描いていると思います」と笑顔を見せた。

 3月4日(水)に行われるジャパンプレミアでは、ロブ・マーシャル監督や魔女役を演じたメリル・ストリープの前で、神田が劇中歌「Children Will Listen」を披露する。神田は「皆さまにお会いできることが信じられないです。本当に緊張しています。でも、作品の大切なメッセージになっている曲だと思うので、心を込めてしっかりと歌いたいなと思っています」と意気込んだ。

 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」は、3月14 日(土)より全国ロードショー。

映画「イントゥ・ザ・ウッズ」
3月14 日(土)より全国ロードショー

公式サイト(http://www.disney.co.jp/movie/woods.html

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(c)2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える