• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『銭の戦争』草彅剛らキャストがオールアップ!濃密な3か月に「胸がいっぱい」

 3月17日(火)に最終回を迎えるドラマ『銭の戦争』(フジテレビ系)の撮影がついにオールアップした。

 主演の草彅剛は、華やかなエリート証券マンからホームレスへと転落し、金で復讐を誓う白石富生役を熱演。膨大なセリフの量や、地に落ちた人間の苦しみやもがき、金に翻弄されていく様を演じたことは肉体的にも精神的にも大変な苦労があったはず。3ヶ月、富生という壮絶な人生を生きた草彅は、自身の新境地を開拓した。

「こんなにもひとつの役を通していろんな感情が芽生えたのは初めてでした。人に対して優しくなったり、憎たらしくなったり、人に対するいろんな思いやりのあり方を感じることができました」と、感慨深げに3か月を振り返った草彅。「皆さん本当にお疲れさまでした。今、胸がいっぱいで何を言っていいか分からないんですけど…本当に楽しかったです!いい作品といい役に巡り合えてすごく勉強になりましたし、ドラマってたくさんの可能性を秘めているんだということをあらためて実感できた作品でした。今後も皆さんと一緒にいいドラマを作っていきたいと思います」と、少し目に涙を浮かべながら熱い思いを語った。

 AKB48卒業後初の連続ドラマ出演で注目を集めた大島優子は、「卒業後初のドラマがこの作品で本当に良かったなと思います。一番撮影の多かった草彅さんと大杉(漣)さんが共演したことがある方だったので、とても安心感がありました。現場の雰囲気も良く、スタッフさんたちと名前を呼び合う事で一緒に作っているんだという実感が湧きました」とコメント。

 ひょんなことで出会った富生に振り回されながらも恋に落ち、金に翻弄されていく富生の心を良心で支えてきた未央を演じた大島。ドラマが濃いキャラぞろいの中、未央は最も視聴者に近いごく普通の女の子だった。視聴者からは「そのナチュラルな演技に惹かれた」という声も多い。

「実は最初、もう少し色を付けたいなって思っていました。でも、登場人物の中で一番ナチュラルな役なので、自分のやりたいことをそぎ落とし、肩の力を抜く事を心がけていました」と当初は役作りも考えていたそう。

 大島はクランクアップを共に迎えた草彅に「本当にお世話になりました」と一礼。だが「とんでもありません。じゃあ、これあげます!」と草彅がスタッフから託された花束をそのまま渡そうし、「スタッフのご厚意を!」と大島が思わずツッコむひと幕も。最後まで富生と未央さながらのコンビ感を見せ、現場を笑わせていた。

 富生の元婚約者であり、青池ファイナンスの経営者として立場に苦しむ梢を熱演した木村文乃。草彅から「すごく楽しかったです。未央とは違う立ち位置で、大人っぽくてとても素敵でした。梢を文乃さんが演じてくれて、僕もすごくやりやすかったです。セリフで“怪物だ”とか言ってすみませんでした」と謝罪の言葉が贈られると、木村は「最後の最後まですっごく楽しい撮影でした! 草彅さんやジュディ・オングさんたちに支えられて、時々かまってもくださって、ありがとうございます(笑)」と、はにかみながら感謝の言葉で応戦。互いを称えあいハグを交わす2人に、その場にいたジュディ・オングが「ダメよ、触れたら!(笑)」と、梢の母・早和子としての“厳重注意”をする場面もあり現場を和ませた。

『SMAP×SMAP』内のコントにも出演し、ドラマとは違う顔も見せてくれたジュディは「最初はまさに鬼のような役で、見ている方たちからは怖いと言われていたんですけど、最後は改心することができ、これで早和子にもボーイフレンドが出来るんじゃないかしら」と現場の笑いを独り占めにしていた。

 先週放送の10話では赤松(渡部篤郎)から奪った20億円を倍に増やそうと奔走するも未央の良心に救われ、何とか踏みとどまった富生。2人のバトルや20億円の行方、そして富生と未央と梢の三角関係、ホワイト化学や青池ファイナンスは一体どうなっていくのか…。韓国版の原作とはまったく違う“日本オリジナル”の結末にぜひ期待したい。

『銭の戦争』(フジテレビ系)は、3月17日(火)後10・00より、15分拡大版SPで放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える