• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ついにゴールデンタイムに進出!『体感!奇跡のリアルタイム』3月19日放送

『生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイム』が、日本テレビ系にて3月19日(木)後9・00より放送される。

 関東・関西地区のお昼の放送で高視聴率を記録した特番がパワーアップしてゴールデンタイムに進出。実際に起きたさまざまな事件、事故をリアルタイムで完全再現していく。MCは名倉潤、辛坊治郎。

 今回は日本で実際に起きた4つの事件、事故を完全再現。電車が目前に迫った線路に転落した女性を救った極限の判断、故障した航空機が胴体着陸を試み見事に乗客の命を救った瞬間、マンション6階から転落した赤ちゃんが助かった奇跡、メガバンクの銀行員を誘拐した知能犯と警察の心理戦などをリアルタイムで体感する。

 ヨット遭難事故で命の危険にさらされた経験を持つ辛坊は「今考えてもゾッとします。手順を間違えていたら確実に死んでいましたからね。救命イカダが手から離れそうになった瞬間やヒロさん(全盲の岩本光弘さん)にイカダに乗り移ってもらう瞬間などは全部頭の中に残っています」と当時を振り返った。

 辛坊だけでなく、名倉とおのののかも番組で取り上げたエピソードのような奇跡の瞬間を体験しているという。名倉は「蕎麦屋でバイトしていた時に車にはねられました。覚えていなくて、気付いたら忍者みたいにこうやって(片膝ついて)座っていたんです(笑)。見た人がいたんですけど、俺は飛んでいたらしいです。かなりのスピードではねられたのに、ちょっとした擦り傷だけ。もうちょっと速かったら死んでいました。俺、忍者なのかなと思いました(笑)」と。

 おのは「高校生の時、自転車で登校していて、傘をハンドルにかけて走っていたら前輪にはさまって投げ出されたんです。もしその時に車が来ていたら確実に死んでいました。たまたま後ろが赤信号だったから大丈夫だったんですが…」と衝撃体験を告白した。

 最後に名倉は「自分の身に起こるかもしれない事件、事故もたくさんあって、どうやって回避したら良いかも分かりやすく教えてくれる。凶悪な事件の裏側も見るというより体感できるようになっているので、ぜひご家族でご覧いただけたらなと思います」とPRした。

『生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイム』公式サイト(http://www.ytv.co.jp/realtime/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える