• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田孝之主演ドラマ「REPLAY&DESTROY」の主題歌がアジカンに決定

(C)MBS
(C)R&D運命共同体2015

 4月からスタートするMBS発の深夜ドラマ「REPLAY&DESTOROY」の主題歌に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Planet of the earth/猿の惑星」が決定した。

 2011年に「au LISMO Channel」で生まれ、携帯のみ視聴可能にもかかわらず大きな話題を呼んだ「REPLAY&DESTROY」が、テレビシリーズとなって復活する。男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す日本一偉そうなフリーター・横山要とその仲間たちが、周囲で起こる気になる出来事や悩める他人に無理やりかかわっていき「屁理屈と無駄話によって何かが変わる瞬間」に立ち会っていく“世直し哲学チープストーリー”。

 主人公の横山要には、数々の話題作に出演し続ける俳優・山田孝之。また、ルームメイトには、偏差値72の薬学科大学院生役に林遣都、宅配会社勤務で背筋力280キロの筋肉男役に阿部進之介。3人の部屋に出入りするハーフの女子高生役には小林涼子と、前作の仲間たちが再集結するほか、横山の同級生で区役所職員役の中村倫也が新たに参加する。

 さらに追加キャストも続々と決定になり、本作ならではのキャラクター「界隈の有名人(レアキャラ)」として、余貴美子をはじめ、菅原大吉、我修院達也、井戸田潤(スピードワゴン)、佐藤仁美、角田晃広(東京03)、ANI(スチャダラパー)、神谷浩史(声のみ)など、ベテラン俳優からお笑い、アーティスト、声優まで幅広い分野の個性派が集い、ドラマを盛り上げる。各話のゲストに実力派俳優たちも参戦し、豪華すぎるキャストを迎え1話完結の世直しストーリーが展開するとともに、全話を通してつながっていく驚きの仕掛けと伏線も用意されている。

 今回主題歌に決まったASIAN KUNG-FU GENERATIONは、意外にもドラマ主題歌としては「ループ&ループ」(2004年リリース)以来2度目。「Planet of the earth/猿の惑星」は、成熟味を増しながらも重厚げ、攻撃的なサウンドが独特なドラマの世界観を盛り上げる“アジカン流ラウド・ロック”となっている。

 ボーカルの後藤は「1本にまとめてもらった配信映像をニヤついた顔で見ながら、乾いているけれど藍がある作品だなって思いました。いろいろな場所でいろいろな感情が尖りまくっているような時代ですけれども、音楽や表現がその角にやすりをかけて回るような、そういう化学変化をこのドラマと起こせたらうれしいです。なんか、深夜のそういうの、好きです」とコメントした。

「REPLAY&DESTROY」
TBS 4月28日(火)スタート 毎週(火)深1・11~
MBS 4月26日(日)スタート 毎週(日)深0・50~
auスマートパス、ビデオパスでも独占配信

監督・脚本:飯塚健
出演:山田孝之、林遣都、阿部進之介、小林涼子、中村倫也、萩原みのり、伊藤沙莉、北山詩織
公式サイト(http://replay-destroy.com/

(C)MBS
(C)R&D運命共同体2015

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える