• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「若干恥ずかしいでございます…」山田涼介、制服姿に照れ笑い『暗殺教室』ヒット御礼舞台挨拶

「暗殺教室」大ヒット御礼舞台挨拶

 映画『暗殺教室』の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、主演の山田涼介、羽住英一郎監督、殺せんせー着ぐるみが登場した。

 公開6日間で観客動員71万人を突破する大ヒットを記録。劇中では続編が予想されるエンディングだったが、山田は「これだけ多くの皆さんに観ていただいたのなら、もしかすると続編もあるかも…。それは僕らの願いでもあり、意欲はあります!」と意気込んだ。羽住監督も「僕もぜひ続きが観たい。前向きに検討したい」と続編に意欲を燃やしていた。

 役衣装の制服姿で登場した山田は「若干恥ずかしいでございます…。現場じゃないと違和感ありませんか?中学生に見えるかなぁ…」と。観客から「見える」「かわいい~!」と声が挙がると「まぁな!」とおどけた表情を見せた。また、Hey! Say! JUMPのほかのメンバーからの反応を聞かれると「JUMPもジャンプを読んでいたので。なんだかややこしくなりますけど(笑)みんな見ている作品だったので、出演が決まったときはうらやましがっていました。同時にすごく応援もしてくれました。JUMPに似ている“せんせーションズ”というグループも力を貸してくれたので、みんなで喜びを分かち合っています」と。

 映画を鑑賞したHey!Say!JUMPの(岡本)圭人からは「山ちゃんかわいかった~」と言われたとものまね付きで披露。司会者から新しいものまねを求められた山田は殺せんせーの声優を務める二宮和也のものまねを披露。「普段の二宮くんのまねが案外似ていることに最近気が付いた。お尻を触ってくるんですよ」といい、“朝、僕に挨拶する二宮くん”を披露した。

 また、サプライズゲストとして“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹が登場。原作ファンであるという尾木は、劣等生のやる気を引き出そうとする殺せんせーの“教育熱心”な姿に「ぜひ教育関係者に観てほしい。理想の教育論ね」と太鼓判を押した。そして「監督にお願いが…続編があるなら、ぜひチョイ役で出たいのよ~。こう見えても先生なので、先生役なら上手よ!」と猛アピール。「映画を通して、生徒たちがグングン成長するでしょ。だから、その先も見てみたい」と山田も「さらに華が増えていいかもしれないですね」と続編に期待を寄せた。

『暗殺教室』は全国東宝系にて公開中。

『暗殺教室』公式サイト(http://www.ansatsu-movie.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える