• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

総勢13名!「ミュージカル『薄桜鬼』黎明録」キャラクタービジュアル公開

井吹龍之介(白又敦)
(c)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

 5月、6月に上演される「ミュージカル『薄桜鬼』黎明録」のキャラクタービジュアルが公開された。

 ミュージカル『薄桜鬼』は、シリーズ累計70万本を超える大人気ゲーム『薄桜鬼』を原作としたミュージカル。2012年3月にサンシャイン劇場にて第1弾が上演され、若手実力派俳優陣の熱い演技と、原作を忠実に再現した熱く切ない物語に多くの賞賛が寄せられた。

 幕末の動乱の時代を生きた新選組とミュージカルという取り合わせが好評を呼び、特に殺陣×ダンス×歌で新選組を表現するという斬新な演出で観客を魅了。これまで第1弾で「斎藤一篇」、第2弾で「沖田総司篇」、第3弾で「土方歳三篇」、その後ライブコンサート「HAKU-MYU LIVE」を経て第4弾で「風間千景篇」、2015年1月に第5弾となる「藤堂平助篇」が上演された。

 最新作では、新選組誕生前の始まりの物語「黎明録」を新たなキャラクターの視点で描いていく。

ミュージカル『薄桜鬼』黎明録

<あらすじ>
時は幕末―
母親を病で亡くしあてもなく彷徨っていた青年・井吹龍之介は、餓死寸前で倒れていたところを傲岸不遜な男・芹沢鴨に拾われた。小間使いとして“浪士組”での生活をはじめた龍之介は、土方歳三、沖田総司、斎藤一ら、後に人斬り集団“新選組”として恐れられることになる男たちと出会う。反発しながらも共に進む中で龍之介は彼らに強く惹かれていくのであった。
「武士」を目指し生きる彼らの夢、想い、信念―
激しく揺れ動く時代の中、己の誠を貫くために刀を握る男たち。
男たちの覚悟を知り、龍之介は自分が進むべき道を探し求める…。

原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
脚本・演出・作詞:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
振付:本山新之助
殺陣:六本木康弘
殺陣監修:諸鍛冶裕太

出演:井吹龍之介:白又敦 土方歳三:佐々木喜英 沖田総司:荒牧慶彦 斎藤一:橋本祥平
藤堂平助:小澤廉 原田左之助:東啓介 永倉新八:猪野広樹 山南敬助:輝馬
山崎烝:高崎翔太 近藤勇:井俣太良
芹沢鴨:窪寺昭 雪村綱道:江戸川萬時 新見錦:篠﨑功希 他

劇場:
東京/AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア 2.5 シアター トーキョー) 2015年5月23日(土)~31日(日)
京都/京都劇場 2015年6月10日(水)~14日(日)

チケット価格
指定席:6,700円(税込)

チケット販売スケジュール
・プレオーダー 4月7日(火)12:00~4月14日(火)23:59
・一般発売 4月25日(土)12:00

主催:ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会(マーベラス、マーブルフィルム)
製作協力:トライストーン・エンタテイメント
協力:一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会

ミュージカル『薄桜鬼』公式サイト(http://www.marv.jp/special/m-hakuoki/

(c)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える