• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

滝沢秀明が舞台メンバーからのサプライズ誕生会に大感激「なぜか翼もいて(笑)」

 滝沢秀明が主演・演出を務める舞台「滝沢歌舞伎 10th Anniversary」が4月8日(水)に開幕。公演前に行われた会見には滝沢をはじめ、薮宏太(Hey!Say!JUMP)と北山宏光(Kis-My-Ft2)が出席した。

 10年という節目の年を迎えた本作。滝沢は「あっという間でしたけど、10年目を迎えられたのは初演から応援してくださっているお客さまのおかげだと思っています」と感謝の言葉を話すと「とにかく今年は感謝の気持ちを込めて全力でやろうと。あえて初演にやっていた演目とかもやっていますので、懐かしい気持ちになっていますね」と感慨深けに話した。

 久々の参加となった薮と北山は「2007年が最後だったので8年ぶりですかね。やっぱりステージに立って、隣にタッキーがいると安心して、落ち着きます。今回は10年目の記念すべき年なので、僕なりに少しでもお役に立てればなと。殿(滝沢)をお支えしながら自分も主張していきたいと思います」(薮)、「僕も6年ぶりなんですけど、久々に滝沢くんの背中を見ながら踊ったりしていると、また背中がでかくなっていました。座長の滝沢くんの背中を守るつもりで全力でやりたいと思います」(北山)と、それぞれ意気込みを。

 そんな後輩2人に対し、滝沢は「それぞれデビューをして、久々にステージに一緒に立てるのは僕もうれしいです。こういう形で共演することはファンの方も楽しみにしてくれている1つだと思うので、この3人が揃ったっていうのがある意味今回の見せ場でもあるのかなと思っています」と語った。

 稽古中には3月29日に33歳の誕生日を迎えた滝沢のサプライズパーティーも行われたそうで、「稽古場で盛大にやってもらったんです。でも、その日の帰りの車がいつもと全然違う方向に行くので“あれ!?”って思ったら、舞台のメンバー全員が屋形舟に集まっていてくれました。なぜかそこに(今井)翼もいて(笑)。本当にうれしかったです」と滝沢が感激した様子で振り返った。

 すると、薮が「タッキーめっちゃかわいいかったんですよ!翼くんって分かった瞬間“えぇー”って転げ落ちて(笑)。俺と北山の2人でデコレーションの物を量販店に買いに行ったんです」と明かすと、滝沢は「スーパーアイドルが何をやっているんだよ(笑)!」と言いながらも、うれしそうな笑顔を見せた。

 劇中では北山が所属するKis-My-Ft2の代名詞でもあるローラースケートに滝沢と薮も挑戦。公開ゲネプロで転んでしまった薮は「初日にローラースケートをやるって聞いて、履いた時点で“あっ無理だな”と思って諦めましたね。人には向き不向きがあるなと感じました(笑)」と慣れないパフォーマンスに降参宣言。そんな薮に対し、北山は「薮はローラースケートを履いたら2メートルくらいありますからね。そこは誤算でした」と話し、笑いを誘った。

 また、会見では8月に行われるシンガポール公演に薮に変わって、A.B.C-Zの河合郁人が出演されることが発表された。河合の名前が発表されると報道陣からは笑いが起こり、薮は「なんか嫌だ!河合郁人に持っていかれたのが気に食わない」と不満気な表情を見せるも「その分、東京で暴れまくります!昨日もメンバーの知念(侑李)に“薮ちゃん!歌舞いてきて!”と言われたので、メンバーが嫉妬するくらい頑張ります!」と気合十分な表情を見せた。

 滝沢歌舞伎は4月8日(水)~5月17日(日)まで東京・新橋演舞場、8月18日(火)~8月23日(日)までシンガーポール・マリーナベイサンズ ザ・グランドシアターにて上演。

公式サイト(http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2015/4/_10th_anniversary.php

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える