• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

成宮寛貴の「相棒」後初ドラマは時代劇「ふたがしら」菜々緒の時代劇初挑戦も

「連続ドラマW ふたがしら」に出演する成宮寛貴と菜々緒

(左)成宮寛貴(右)菜々緒 (C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ

 連続ドラマとしては、WOWOW初の時代劇への挑戦となる「連続ドラマW ふたがしら」で、成宮寛貴が「相棒」後初ドラマ出演、菜々緒が時代劇初挑戦を果たす。

 オノ・ナツメの同名コミックをドラマ化する本作は、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快な騙し合いを描く、時代劇版盗賊エンターテインメント。明るくて豪放な主人公・弁蔵を松山ケンイチ、弁蔵とタッグを組むクールで色男の宗次を早乙女太一が演じる。監督を『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』の入江悠、脚本を中島かずきと豪華スタッフ陣が手掛けることでも話題の作品だ。

 成宮が演じるのは、盗賊の一味“赤目”の頭(かしら)・辰五郎亡き後、その跡目を継ぐ甚三郎。菜々緒は、辰五郎の妻でありながら、甚三郎と関係を持つおこんを演じる。

 成宮は「時代劇という漠然としたイメージだけで読ませて頂いたのですが、非常に現代に通じるものやメッセージがある作品だと思いました。どれだけ魅力的な悪役ができるか挑戦したいなと思いました」と脚本を読んだ感想を。

 さらに、「甚三郎を演じてというよりも、今このタイミングでこの作品をやらせて頂いたことに意味を感じます。初めて同じ役を長く演じた『相棒』が終わり、そのあとすぐに参加した作品。“相棒”で学んだ事を早く他の作品、役で試したかったし、自分への期待も含めた“挑戦”の意味合いがあった。この『ふたがしら』に良いタイミングで出会えた気がしています」と。

 また、菜々緒との共演については「はじめましての挨拶からすぐにキスシーンだったりと、2人でのシーンが多かったので、限られた時間の中でどれだけ信頼関係を築いていけるかが、2人の関係性を見せる上で大事だなと思っていました。時間がない中でも現場ではお互いのやりたい事や、お互いの受けのお芝居も自然とやり合うことができたので、僕自身、非常に楽しく撮影ができました。“おこん”と“甚三”のラストシーンがお気に入りです」とコメント。

 菜々緒は「漫画原作ということで、まず漫画を拝見しました。その後に脚本を。脚本を拝見した時、1人ひとりの思いや、さまざまな愛の形が垣間見え、いろんな感情が込み上げてきました。やはりこの時代から日本人は人情深いというか、想い、気持ちが強い人たちが多かったのかな、と考えさせられる部分がありました」と語り、「辰五郎とおこんは、相思相愛。優しく、寛容で、賢い、辰五郎を愛しているおこん。男の世界も凄いですが、その世界で生きていくおこんもすごい。弁蔵とも、宗次とも、甚三郎とも、関係をもっているおこんを側における辰五郎も、それを分かっていて側に居るおこんも、歪んでいるけど、愛がある」と。

 成宮と共演については「辰五郎の愛以上に歪んでいるのが、甚三郎との愛。甚三郎の傲慢な部分とは、裏腹に成宮さんは本当に親切で、時代劇が初めての私にいろいろ気を使ってくださったり、いろいろ教えてくださったり、リードして頂きました。初共演で濃密なシーンが多かったですが、お陰様でぶつかっていけました」と語った。

 土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW ふたがしら」は、6月13日(土)放送スタート。

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW ふたがしら」
WOWOWプライム
6月13日(土)スタート。

毎週土曜夜10:00(全5話)
※第1話無料放送

公式サイト(http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/

(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える