• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

箭内道彦が初監督 ロックバンドBRAHMANのノンフィクション映画が7月公開

映画「ブラフマン」

 クリエイティブディレクター・箭内道彦が、今年20周年を迎えるハードコア・パンクバンドBRAHMAN(ブラフマン)に迫る映画『ブラフマン』が7月4日(土)に公開される。

 箭内は「僕はこれまで、映画を監督するオファーを、すべてお断りしてきました。たぶんこれからもそうです。ただ、僕が知っている、ブラフマンの、愛すべきあの四人を、ただスクリーンに映すことであればできると、今回の受諾は、あくまでイレギュラーなものになりました。また、何か凄いアクシデントが起きたり、血や涙が流れたり、そういった期待に応えることのできる映画には、絶対にならない気がしています」とコメント。

 今回解禁されたポスターには、ツアーで訪れた福島県阿武隈川沿いに佇む彼らの後ろ姿。4人は何を見つめ、何を思うのか。20年間走り続けてきた彼らが、たどり着いた場所とは。そんな彼らの「今」を箭内道彦はどう見つめたのか。

 映画『ブラフマン』は、7月4日(土)新宿バルト9ほか全国公開。

箭内道彦(やない・みちひこ)

1964年、福島県郡山市生まれ。クリエイティブディレクター。東京藝術大学デザイン科卒業後、博報堂に入社。03年、博報堂を退社し、「風とロック」を設立。08年には、NHKのトーク番組『トップランナー』の5代目MCとしてレギュラー出演。10年9月、同じ福島県出身であるサンボマスターの山口隆、THE BACK HORNの松田晋二、TOKYO NO.1 SOUL SETの渡辺俊美とともにバンド「猪苗代湖ズ」を結成。11年3月には東日本大震災のチャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を録音。11年9月に福島県内6カ所で開催した「LIVE 福島 風とロックSUPER 野馬追」実行委員長。また、福島県内で風とロック芋煮会や、風とロックCARAVAN福島といった音楽イベントにも深く関わっている。本作が初の映画監督作品となる。

http://www.yanaimichihiko.jp/

BRAHMAN(ブラフマン)

1995年東京にて結成。98年、1stアルバム『A MAN OF THE WORLD』をリリース。その後、01年に『A FORLORN HOPE』、04年に『THE MIDDLE WAY』、08年に4thアルバム『ANTINOMY』をリリース。ヨーロッパやアジアでもツアーを行うなど日本以外でも活動を展開し、ライヴバンドとしての評価を不動のものとしている。2011年の東日本大震災以降は被災地の復興支援の活動を続ける中、『霹靂』『露命』と2枚のシングルをリリース。

http://brahman20th.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える