• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気コミック「デスノート」が日テレ系で待望の連続ドラマ化

「デスノート」ドラマ化決定

 国内シリーズ累計発行部数3000万部突破の人気コミック「デスノート」が、7月期の日本テレビ系日曜ドラマで初の連続ドラマ化されることが決定した。

 2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された、大場つぐみ原作・小畑健漫画「DEATH NOTE」。“名前を書いた人間を死なせることができる”という死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、悪人のいない世界を作り上げようとする夜神月(ライト)と、謎に包まれた世界一の名探偵・L(エル)たちによる頭脳戦を描いたコミック。その伝説的ストーリーが、新たなキャストを迎えてついに連続ドラマ化される。

これまでアニメや映画、舞台、小説など幅広いメディア展開を見せてきた「デスノート」。アニメとも映画とも違う、連続ドラマだからこそできるオリジナルストーリーを加え、手に汗握る天才たちが繰り広げる頭脳戦の様子を描いていく。

 また、ファン待望のN(ニア)も、今回の連続ドラマで初の実写化。ストーリーの軸となるライト、エル、そしてニアの3人が繰り広げる新たな戦いの火ぶたが切って落とされ、ドラマでしか描かれない新たな結末も待ち受けているという。

 ほかにも、今まで登場しなかった初映像化となる新キャラクターも登場し、物語を盛り上げていく。

 これまで名だたる俳優たちが演じてきたそれぞれの役、新たに実写化されるキャラクターを誰が演じるのかはまだ明かされておらず、これから発表される続報も注目される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える