• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ジャニ勉』スタッフに感謝…関ジャニ∞、念願のロケで大はしゃぎ!

『関ジャニ∞のジャニ勉』ロゴ

 毎週さまざまなジャンルのゲストを迎え、関ジャニ∞が学んでいく人気バラエティ『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週(水)深0・25~1・20 関西テレビ)が今夜の放送で400回を迎える。

 “笑いもできるアイドル”とジャニーズアイドルの中でも異色の輝きを放つ彼らはデビュー11年目を迎え、今や月曜~日曜まで全ての曜日で、メンバーの誰かがレギュラー番組を持つほどに。そんな売れっ子の彼らだが、『~ジャニ勉』の収録のためには今でも隔週で大阪に足を運び、気付けば番組スタートから丸8年が経った。

 今回、「久しぶりに7人でロケに行きたい!バーベキューがしたい!」という彼らのリクエストに応え、番組から400回突破記念のロケ企画をプレゼント。1か月以上も前から打ち合わせを重ね、行き先を関ジャニ∞の“エイトの8”、カンテレの8チャンネルの8にかけ、八丈島に決定した。

 2007年の沖縄以来のロケに心を躍らせるメンバーだったが、なんと当日になって悪天候のため急遽行き先を箱根に変更。吹きすさぶ風と打ち付ける雨に加え、4月初旬とは思えない寒さに、オープニング撮影から「俺ら張り切ってロケ出てるのに…(笑)」(横山裕)、八丈島、何回打ち合わせたっけ?」(大倉忠義)、「ムダ金やん!(笑)」(渋谷すばる)、「キャンピングカー楽しみにしてたのに」(安田章大)と心が折れまくりのメンバー。それでも、「400回記念やから、できるだけ楽しもう!」(横山)、「箱根で皆で楽しむぞ、ワッショイ!」(丸山隆平)と切り替えて、元気よくロケをスタート。

 目的地をまったく決めていないため、移動車中は箱根のガイドブックを見ながらスケジュールを組むことに。「ロープウェイとかもあるんやな、遊覧船もある」(錦戸亮)、「温泉まんじゅうとか食べたい」(安田)、「うまいこと、はまればいいけどな」(村上信五)とわいわい盛り上がる中、ロケ先変更であきらめかけていたバーベキューを横山が提案。

「俺らやっぱ、節目節目に肉焼いてるやん?(笑) 昔、よー皆でバーベキューしてたもんな。最初は俺とヒナ(村上)と、すばる(渋谷)と、どっくん(錦戸)の4人やったよね」(横山)、「すばるの家に泊まって、2台の車で行ったよな」(村上)と思い出話に花を咲かせ、バーベキューはマストで組み込むことに決定。

 箱根湯本駅前に到着すると、商店街で街ブラを開始。箱根まんじゅうの食べ歩きや、バーベキューで焼く干物などをゲットするなど、久しぶりの観光を楽しんでいく。さらに、果敢にも早雲山駅からロープウェイに乗って大涌谷へ。雨風にさらされながら石段を登り、大涌谷名物の「黒たまご」を目指しハイキングに挑む。

 芦ノ湖周辺では2班に分かれての自由行動となり、村上、安田、丸山、大倉の4人はモーターボートに乗ってパワースポット・九頭龍神社へ。横山、渋谷、錦戸の3人は観光の関所を巡る街ブラへ。7人そろっての貸切露天風呂も楽しみ、400回を迎えた想いと、これからに向けての想いを語っていく。

 そして、旅の最後には念願だったバーベキューを決行! 村上の「一番思い入れがあったのはヨコ(横山)やと思います。全員でやった思い出にバーベキューが色濃く残っていますので」という言葉通り、「俺、めっちゃ幸せ!」といろいろな食材を焼きながら喜びを口にしていた横山。大倉も焼きそばを振る舞うなど、“調理担当”は昔から変わっていないんだそう。

 さらに、松竹座の舞台などで披露していた、安田&丸山による伝説の漫才コンビ“山田”も復活。「ヤス(安田)とマル(丸山)の漫才を見れるとは思わなかった」(横山)、「しかもクオリティあがってたからね」(渋谷)、「余裕が感じられたもんね」(錦戸)と2人の即興漫才をメンバーも口々にほめていた。

 悪天候もチャンスに変えロケを満喫したメンバー。このドタバタ感も、関ジャニ∞にかかれば楽しむ材料のひとつに?
「箱根に急遽変わったのも、それはそれで楽しかったです。僕ららしいというか、アクシデントがあったほうが楽しもうというか」(横山)
「いっぱい打ち合わせして僕たちも楽しみにしていたし、スタッフさんも楽しみにしていたと思うんですけれど。でも「無理」ってなった瞬間に開き直れる強さっていうんですかね。「じゃあ箱根行こう」って、そこからノープランでやっていくんで好き勝手やってくれと言われ(笑)。そこの信頼関係というのが番組を長く続けてきたからこそあるのかなと思いました」(錦戸)
「本当のことを言えば、できれば一泊してスタッフさんとかとご飯食べたかったですね。だからそういう面でも、八丈島は、楽しみではあったんですけれども、リベンジですねこれは」(大倉)

 ハプニングあり、笑いありと盛りだくさんだった今回のロケ。一番楽しかった、自分らしさが出ていた場面は?
>「久しぶりにバスの中でトークをしたというのが新鮮やったです。バスの中でみんなで話をするっていうのは、昔自分たちが、それこそ関西テレビさんでお世話になってずっとロケ番組をやってたときに多かったので。それをメンバー揃って話ができる時間というのが改めて新鮮で。ここが自分たちの原点だなっていうふうに感じました」(安田)
「最後のバーベキューがそうなのかなと思いましたね。時間とともに熟成してきたものの中でも変わらないという良さというか。大切にしていた時間というのは過ぎれば忘れてしまいますが、こうやってときどきそのふたをあけると「あ、素敵だったんだな」って改めて今日気づきましたね。再現することによってそのときの思い出がさらに色濃くなって、良い思い出だったなと」(丸山)

 改めて『ジャニ勉』は自身にとって、どんな番組?
「ホームですね。テレビ局でいう実家みたいな。ずっと長いことやらしてもらっているんで、スタッフの皆さんの愛情もすごく感じるし、関ジャニ∞というものをすごい大切にしていただいているっていうのもすごく思うので、大事な番組です」(渋谷)
「今後の『ジャニ勉』が続くか続かないかは、視聴者の皆さん次第です。我々は続けられる限り続けたいと思っていますけど、きっと世代交代はあるでしょうから、ジャニーズWESTに負けないように頑張りたいと思います(笑)」(村上)

 今回のロケの模様は、『関ジャニ∞のジャニ勉 400回記念in八丈島 急遽行き先変えました!関ジャニ∞ノープラン旅in箱根』(関西テレビ)で22日、29日の2週にわたって放送。

『関ジャニ∞のジャニ勉』公式サイト(http://www.ktv.jp/janiben/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える