• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

生田斗真が“予告”を宣言「初日舞台あいさつで司会やります!」

 映画「予告犯」の完成披露舞台あいさつが4月21日に行われ、主演の生田斗真戸田恵梨香鈴木亮平濱田岳荒川良々中村義洋監督が登壇した。

 本作は突如ネット上に降臨した、新聞紙で顔を隠した男・通称“シンブンシ”が警察や法律では罰を与えられない人間たちへの制裁を“予告”をもとに実行。そんな“シンブンシ”と警視庁のエリート捜査官の間で繰り広げられるスリリングな頭脳戦が手に汗握る衝撃的な展開と鮮烈なメッセージが話題を呼んだ筒井哲也原作の同名漫画を実写映画化。

「どうも“嵐”の生田斗真です!」と生田が挨拶すると会場からは大歓声が。しかし、その後言葉に詰まってしまい「なんか嵐って言ったらテンパっちゃって。怒られるかなと思って…」と落胆するも「本当に自信作です。この映画はとっても心に残る作品になると思っていますし、そうなると祈っています。かなりいい映画です。期待してください」と充実した表情を見せた。

 そんな生田は“シンブンシ”のリーダー格であるゲイツを演じ、「この映画の根底にはゲイツの優しさとか仲間を思う気持ちとか色んなものが詰まっていて、演じがいのある役がきたなと思いました」と役の印象を話すと、「亮平くんが“あまり映画の中では見たことのない生田斗真の表情が見られて俺はうれしかった”と言ってくれたんです。自分ではあんまり把握してないですけど、そういうものが残せたんだとするとうれしいなと思います」と笑顔で話した。

 原作の新聞紙を被ったビジュアルに驚かされたという生田は「これはなかなか自分も演じたことがない役柄だなと思いました」と話し、新聞紙を被っての演技については「ちょっと皆さんにも新聞紙を被ってみてほしいです。“苦しい、熱い、前が見えない、声が聞こえない”で大変でしたね」と苦戦した様子。

 原作を読んでいたという鈴木は「カンサイが出てきたときに“あっ俺!”って思ったんです。関西弁をしゃべるし、なんか顔もごつごつしていて、原作に似ていますし(笑)。実写化するなら俺しかいないんじゃないかと思っていたら、カンサイの役のオファーがきて」と念願の出演に笑顔を見せた。

 作品にちなみ、公開日である6月6日(土)までに行う“予告”をキャストが発表。生田は「6月6日の初日舞台あいさつで司会をやります!」と宣言。「司会業みたいなことをやったことが全然ないのでちょっと楽しいかなって。司会進行兼主役としてやります!」と気合十分。

 また、映画公開日の翌日6月7日(日)からは、東山紀之主演の「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」(WOWOW 毎週(日)後9・00)がスタート。生田も撮影現場を訪れたそうで「(東山も)ガッチリと新聞紙を被って予告していましたよ。舞台でご一緒させていただく機会も多かったので、“またご縁がありましたね”っていうような話をしました」と、先輩とのエピソードを明かした。

 映画「予告犯」は6月6日(土)全国ロードショー。

映画「予告犯」公式HP(http://www.yokoku-han.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える