• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「最近EXILEのメンディーが来てくれない」JOY&デニス植野、ハーフ会に嘆き?

「ホビット 決戦のゆくえ」Blu-ray&DVDリリース記念試写会に登場したJOY(左)とデニス・植野行雄

 ファンタジー大作のシリーズ最終章「ホビット 決戦のゆくえ」のBlu-ray&DVDリリースを記念し、芸能界きってのホビットファンを公言するJOYと、ハーフ会の仲間であるお笑い芸人のデニス植野行雄が特別試写会に登場した。

 ホビットファンが集まる中、エルフ族の姫・ガラドリエルのコスプレをしたJOYと、主役であるビルボ・バギンズのコスプレをしたデニス植野行雄がスペシャルゲストとして登場すると、そのクオリティの低さに会場からは悲鳴があがった。

 植野が「ケバブ店を経営しているビルボです。共通点は外国人です!」と自虐的に自己紹介をする一方、女性に扮したはずのJOYが「どうもJOYです!」と元気に自己紹介すると、客席からは笑い声が。

 今話題のハーフ会での交流もある2人だが、「参加しているメンバーが豪華すぎて若干気まずい。僕なんかハーフ界の末端の人間ですから」とJOY。また、植野は話題のハーフ会の1年前から、ひっそりと友人同士でハーフ会を開いていたと告白し、「初代ハーフ会は芸人のアントニーEXILE関口メンディーと4人。月1で集まっていたけど最近メンディーが来てくれない」と嘆いた。

 シリーズを振り返りJOYは、「とにかくアクションがすごい。ファンタジー作品の中で一番の作品です」と熱く語ったが、デニス植野は「元カノと『ホビット』の前の『ロード・オブ・ザ・リング』を観に行きました。でも、その彼女はメキシコ留学に行っちゃって、メキシコ人と付き合うからって振られたんですよ。悲しい思い出です」と過去の恋愛を振り返った。

 最後に本作の魅力について2人は「前半からクライマックスかのようにスケール感がすごく、涙あり、感動あり!自分も一緒に冒険している気分になれるすごい作品!この作品だから世界で愛されているんだと実感できる!」と大絶賛した。

「ホビット 決戦のゆくえ」
Blu-ray&DVDリリース、デジタルセル・レンタル配信中

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える